スポンサードリンク

タムロン2本の一眼レフ用レンズと1本のフルサイズミラーレス用レンズ開発発表

Pocket
LINEで送る

TAMRONがcp+2019で3本のレンズを参考出品するというリリースを掲載しました。

“35mm判フルサイズデジタル一眼レフカメラ対応のズームレンズ「35-150mm F/2.8-4 Di VC OSD (Model A043)」(以下Model A043)、単焦点レンズ「SP 35mm F/1.4 Di USD (Model F045)」(以下Model F045)ならびに35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ(以下、フルサイズミラーレス一眼カメラ)対応のソニーEマウント用大口径超広角ズームレンズ「17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)」(以下、Model A046)の開発を発表いたします。”
Via ‘ [CP+2019参考出品] フルサイズデジタル一眼レフカメラ対応レンズ2機種とフルサイズミラーレス一眼カメラ対応レンズ1機種を開発 | 株式会社タムロン (https://www.tamron.co.jp/news/press_release/20190220.html)

35-150mm F/2.8-4 Di VC OSD (Model A043)

  • 「ポートレートを撮るために誕生したズームレンズ」
  • 軽量・コンパクトなレンズ
  • 最短撮影距離はズーム全域で0.45m
  • 特殊硝材LD (Low Dispersion: 異常低分散)レンズと非球面レンズを採用
  • 「デュアルMPU」の搭載で性能と効果的な手ブレ補正を両立

SP 35mm F/1.4 Di USD (Model F045)

  • 「タムロンの最高技術を結集した単焦点レンズ」
  • SPレンズシリーズ40周年として開発
  • これまでに培った光学技術のすべてを注ぎ込んだレンズ
  • 鏡筒は操作性と耐久性を追及

17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)

  • 「圧倒的な小型・軽量ボディを実現したフルサイズミラーレス一眼カメラ用大口径超広角ズームレンズ」
  • 大口径超広角ズームとして驚きのフィルター径φ67mmを実現
  • 軽量・コンパクト
  • ワイド端での最短撮影距離は0.19m
  • AF駆動に「RXD (Rapid eXtra-silent stepping Drive)」を採用

ここ最近のカメラ会社各社が発表する新レンズは高性能で高価で重くて大きいレンズが多くなっていると思いますが、今回発表されたレンズはいずれも軽量で使い易そうで好感が持てます。

これは多くのフルサイズカメラユーザーに受け入れらそうですね。
cp+2019が楽しみですね!!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す