スポンサードリンク

HD PENTAX-FA 35mmF2は誤解されている(リコーイメージング中の人)

Pocket
LINEで送る

ペンタックス (PENTAX by RICOH IMAGING)のFacebookページで、ももしすさんがHD PENTAX-FA 35mmF2の誤解を解きたいというエントリをアップされています。

 

  • 「HD PENTAX-FA 35mmF2」はリコーイメージングが満を持して発表したレンズ
  • 新製品はコーティングを変えただけとも言えるが、大きく誤解されている。
    • ここ十数年でコーティング技術も非常に高い次元に引き上げられた。
    • HDコーティングは、smcに対し、反射率を半分以下に抑えることに成功。
    • コーティングで描写は変わる。
  • レンズ玉にコーティング剤を単純に塗っているわけではない。
    • コーティングは「設計」が行われている。
  • SPコーティングを採用している意味と意図
    • 「保護フィルターは使わず、撮影しませんか?」
    • 最新のコーティングでレンズの反射率が劇的に下がっているのに、保護フィルターをつけて反射面を2面も増やすのはどうか?

PENTAXの中の人が、満を持して、ここまで主張されているレンズはかなりの自信作だと感じました。

ここ最近のフルサイズカメラの新レンズを見ると、ちょっとやそっとで買えないようなお値段(^^;のレンズばかりが発表されています。

で、このHD PENTAX-FA 35mmF2レンズの実売価格は4.4万円弱なのです。
これま正にリコーイメージの良心だと思います。K-1、K-1MarkIIユーザーの方は買っておいて損は無いレンズですね。

 

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す