スポンサードリンク

キヤノン EOS RP 価格1300ドルで最軽量フルサイズミラーレスとなる?

Pocket
LINEで送る

コメント欄でも知らせて頂きましたが(ありがとうございます)、PhotoRumorsが新しく入門向けフルサイズミラーレスカメラとなりうEOS RPのスペック情報を更新しました。なんと最軽量フルサイズミラーレスになるとか。

“A quick update to my post from yesterday with some additional Canon EOS RP specifications:
Via ‘ Additional Canon EOS RP mirrorless camera specifications – Photo Rumors (https://photorumors.com/2019/02/04/additional-canon-eos-rp-mirrorless-camera-specifications/)

  • カメラの質量は400gで最軽量のフルサイズミラーレスカメラとなる
  • 横開きの可動液晶
  • 好感触のグリップ
  • 新型2400万画素CMOSイメージセンサー
  • センサー性能はEOS Rに肉薄する
  • タッチバー及びトップモニターは非搭載
  • 連写 5コマ/秒
  • 常用ISO 100-40000
  • アイAFはサーボAF及び動画でのAFでも動作可能となる
  • デュアルピクセルAFの速度は0.05秒
  • USB-C
  • 充電しながらの撮影にも対応
  • ヘッドフォンジャック
  • Canon Log
  • HDMIクリーン出力
  • 4kは1.56x クロップ
  • 価格はボディのみ1300ドル

ちなみに、SONY α7のボディー単体での質量は416gですので、EOS RPはこれを下回って来るのでしょうね。

ということでEOS RPは最軽量のフルサイズミラーレスしかも1300ドルの価格情報が本当だとすれば、日本では15万円以下の価格を期待したいですね!!

ここまで新型フルサイズミラーレスは、デカい&高い製品が目白押し状態wでしたがCanonが一気にシェアを獲得するためのゲームチェンジ製品になるのかもしれませんね!

その代わりEOS 5D IVや EOS 6D IIは売れなくなるのかもですが、、、、

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す