スポンサードリンク

リコー GR III β機ハンズオン記事(デジカメWatch)

Pocket
LINEで送る

デジカメWatch様がRICOH GR IIIの実動プロトタイプ機をハンズオンされたという記事を公開されています。

“リコーが2019年春に発売する「RICOH GR III」の試作機を手にする機会があったため、外観写真を中心にお届けする。”
via : 触ってきました「RICOH GR III」 – デジカメ Watch (https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1156819.html)

外観

  • 横幅が小さくなり「GR DIGITAL IV」に近づいた印象。
  • 正面だけを見れば新機種であることすら気付かれないレベル。

AF

  • タッチAFでの測距点移動を積極的に使いたい。
  • 像面位相差AFによる恩恵か、合焦にも迷いがない。

UI

  • 「1から作り直した」「既存のGRユーザーは、若干慣れを要するかも」
  • 撮影画面に並ぶ文字とアイコンの小さく見づらい。
  • ADJメニューは大きな視線移動を求められ、まだ美しくなる余地がある。
  • モニターの明るさと色は緻密に調整できる。
  • JPEG画像を編集できる機能もあった。
  • プログラムAE(Pモード)時のプログラムラインを選べる。

インタフェース

  • USB Type-Cは急速充電ではない。
  • Bluetooth設定があった。

その他

  • 換算21mm相当となるワイドコンバージョンレンズは新規の「GW-4」
  • バッテリーは新規の「DB-110」。従来のDB-60/65とは形状も異なる。

刷新されたUIとタッチパネルによってこれまでのGRの使い勝手がかなり異なっているようですね。

個人的には、センサーとレンズが刷新されたということで、その写りがどのように進化?変化?しているのかを知りたいと思います。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リコー GR II
価格:66279円(税込、送料無料) (2018/12/5時点)

楽天で購入

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す