スポンサードリンク

パナソニックは8年前からフルサイズミラーレスを検討していた(l-rumors)

Pocket
LINEで送る

フランスのWebサイトMizuwari がPanasonicフランスのマネージャーMathilde Lécuyer氏へのインタビューを行いl-rumorsがそのまとめ記事をアップしています。

 

The French website Mizuwari talked to Panasonic France managerin Mathilde Lécuyer. She shared quite some interesting tidbits:
Via : Panasonic interview: 8k Full Frame L-mount camera is coming for sure in 2020 – L mount system camera rumors and news

 

  1.  Panasonicが目指しているゴールは、既存のマイクロフォーサーズユーザーがフルサイズへのステップアップを可能にすることである。
  2. マイクロフォーサーズには幾つかの物理的な制限があるが、Panasonicとしてはフルサイズを用いることでそれらを克服することを望んでいる。
    • 技術的に言えばマイクロフォーサーズで8Kは不可能では無いにせよ複雑となる、いずれにせよそれをフルサイズフィーマットで達成出来ることに疑いは無い。
  3. Panasonicは2020年までに8Kフルサイズカメラをアナウンスすることを確約し続けている。
  4. フルサイズフォーマットは、Lumixに目を向けた多くのユーザーの期待と需要を必ずしも満たすものでは無い。
    • その理由はサイズと価格である。
    • 従って、勿論、我々はマイクロフォーサーズのリリーズのレンズとカメラのリリースを継続するつもりである。
    • その好例として10-25mm f/1.7レンズも開発中である。
  5. 8年前の時点でPnasonicは既にフルサイズカメラを検討していた。

 

S1/S1Rは突如発表された感がありますが、Panasonicは周到に準備を進めながらそれを発表する機を狙っていたということですね。

マイクロフォーサーズの方は更にその強みを活かす方向性のシステムとして進化して欲しいですね。楽しみです。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す