スポンサードリンク

キヤノン EOS R の高画素機は事実上のEOS 5Dsの後継機として7500万画素になる?(CR)

Pocket
LINEで送る

Canon EOS Rにも高画素機があるという情報が流れていますが、その具体的な解像度について噂が出て来ました。

We’ve speculated recently that Canon will not be releasing next iterations for the EOS 5DS and EOS 5DS R, and instead will move the high megapixel cameras to the EOS R line.
Via : Canon EOS R body with more than 75mp on the horizon [CR2] | Canon Rumors

  • 我々は、CanonがEOS 5Dsと5Ds Rの後継機をリリースせず、高画素機はEOS Rシリーズに移行すると予測している。
  • 数人から 7500万画素を少し上回る解像度のEOS Rを開発しているという話が伝わって来ている。
    • このカメラは2019年の後半のどこかで現れる可能性があるが、正確な発表日の決定は未だ先だろう。
  • あるソースはEOS Rの高画素機と、4〜5本以上のRFマウントレンズレンズも発表されることを付け加えた。
    • その中の1本のレンズはCanonのラインナップの中で最良の風景向けレンズになるということだ。
  • 2018年内のアナウンスはもう無いが、2019年初旬はPowerShotとEOS一眼レフ機が追加される。
    • その少しあとに別のEOS Rボディが出る。
    • 次のEOS Rボディは入門機となることを予測する。

Canonは2019年の後半に高画素機とそれを活かすレンズを出すということで、ミラーレスの戦略としては連写スピードよりも高画質を目指すことになりそうですね。

SONYの方は6000万画素という情報もありますので、来年はフルサイズミラーレスの高画素化も進みそうですね。



Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す