スポンサードリンク

オリンパス O-MD E-M1XのAFは自動適合機能が搭載される(43rumors)

Pocket
LINEで送る

43rumorsのE-M1Xの予測スペック情報がアップデートされました。

 

E-M1X specs (in bold the newly added specs):
Via : (FT4) New additional E-M1X specs: Has adaptive autofocus – 43 Rumors

青い文字が前回の情報からアップデートされた情報です。

  • 名称 E-M1X OMD
  • イメージセンサー 2000万画素
  • 連写 18コマ/秒
  • 7.5+EV
  • オートフォーカス 自動適合機能とAFポイントの拡大機能
    • 人物を撮影ている直後にクルマを撮影し始めると自動的にAFポイントが増加する。
    • 野球選手を撮影する時、縦方向に5つのAFポイントが現れる。
  • ボディサイズ 144.37 x 146.765 x 75.345mm
  • 縦位置グリップ一体
  • ハイレゾショット 手持ちハイレゾショットが可能(約8000万画素)
  • スポーツ及び野生撮影者がターゲット
  • OM-D E-M1 Mark IIと同じバッテリー
  • 大型EVF
  • 価格は約$3,000
  • 発表2019年1月
  • 2019年2月発売

すこしずつOM-D E-M1Xのスペックが明らかになって来ましたね。

APS-Cのハイエンド機を凌駕する内容となるようですのでマイクロフォーサーズユーザーにとっては待望のカメラということになりそうですね!

発表は1月ということで、CP+ではハンズオンが可能になっていると思います。楽しみですね!

 


Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク



Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す