スポンサードリンク

キヤノンの2019前半に発表される新製品を予測する(CR)

Pocket
LINEで送る

CanonRumorsが2019年前半の新製品ロードマップを予測する記事をアップしました。

“We should start seeing announcements almost immediately in 2019.”
via : The predicted first half of 2019 Canon product announcement roadmap | Canon Rumors (https://www.canonrumors.com/the-predicted-first-half-of-2019-canon-product-announcement-roadmap/)

CES – 米国・ラスベガス 1月8日〜1月11日

  • Canon PowerShot G7X Mark IIの後継機がいよいよ発表されるだろう。
    • デュアルピクセルAFによる4K動画撮影機能が搭載される。
  • 他のPowerShot Gシリーズも現れるだろうが詳細は不明だ。
  • 360度カメラのようなユニークな製品も見ることが出来るだろう。
  • このショーに向けてミラーレスカメラが出ることは期待出来ない。

CP+ – 日本・横浜 2月28日〜3月3日

  • コンシューマ向けのハイエンド機あるいはプロ向けの製品発表が行われる可能が大きい。
  • EOS 80Dの後継機が発表されることを予測する。
    • 4K動画撮影が可能なAPS-C一眼レフカメラとなる。
    • このカメラがEOS 90Dと呼ばれるかは不明である。
    • 2019年にはいくつかのAPS-C一眼レフカメララインナップが整理される可能性がある。
  • 新EOS Mカメラの発表も期待出来る。
    • 但し、新しいEF-Mマウントレンズは期待出来ない。
  • 別のEOS Rボディを見ることが出来る可能性もある。
    • 加え最低1本のRFレンズがアナウンスされる可能性もある。

NAB – 米国 ラスベガス 4月6日〜4月11日

  • Cinema EOS向けのショーである。
    • 一眼レフカメラあるいはミラーレスカメラはほぼ期待出来ない。
  • いよいよXCシリーズカメラの外観をしたレンズ交換式のカメラが出る可能性が高いと考えている。
    • RFマウントを持つことになるかもしれないと考えているが、現時点では確証は無い。
  • 他のCinema EOSボディは期待出来ない。
    • EOS C300 Mark IIIは2019年後になると予測している。
    • EOS C500の後継機もない筈だが、まだ時間があるので何かが変わる可能性もある。

Photokina – ドイツ ケルン 5月8日〜11日

  • 初の春開催となり今後は新製品サイクルは春に移動すると考えられる。
    • 各社が今後5月に向けてどのように新製品を準備するかの戦略は不明である。
  • 最低でもCanonが新EOS Rボディーを出す。
  • 新RF大三元レンズも期待出来る。
    • RF 16-35mm F2.8L
    • RF 24-70 F2.8L IS
    • RF 70-200 F2.8L IS
  • Canonの2019年はRFマウントに注力し、幾つかの新一眼レフは次の年になるだろう。

いかがでしょうか?

Canonのことですから来年も確実に新製品を発表して行くということでしょうかね。
特にEOS Rがシステムとして拡充して頂くことを期待したいです。
皆さの御貯金はいかがでしょうか?;;;)

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す