スポンサードリンク

EOS R 用最初の超望遠レンズは500mm のDOレンズになる(CR)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

canonrumorsがRFマウント初の超望遠レンズは「回折光学素子」エレメントを採用するレンズになることを伝えています。

few weeks ago we mentioned that new DO lenses were on the way, but that they would be for the RF mount and not the EF mount.
Via : The first RF mount super telephoto lens will be a DO lens [CR2] | Canon Rumors

  • 数週間前に我々は新DOレンズが開発されている件について言及していたが、それがEFマウントではなくRFマウントと予測していた。
  • 他のソースから幾つかの追加情報を受け取った
  • RFマウント専用で最初の超望遠レンズは回析光学系のレンズとなる。
    • 同じ情報源から、RF 300mm F2.8 IS が開発中であることを伝えて来ているが、そのレンズは未だコンシューマー用のレベルでは無いようだ。
  • RFマウントで初のDOレンズの焦点距離について言及されていないが、EOS Rシステム用として500mmレンズからスタートすることに賭けてみたい。
    • 現在、EOS Rに装着出来り最軽量の超望遠レンズはEF 400mm f/4 DO IS IIである。

もし500mmの超望遠レンズとなれば、DOエレメントによってコンパクトかつ軽量になりますので、ミラーレスシステムのEOS R用にはぴったりのレンズになるかもしれませんね。

楽しみです。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す