スポンサードリンク

キヤノンは2019年に入門向けとプロ向けのEOS R2機種を投入する?(CR)

Pocket
LINEで送る

Canonは2019年にEOS Rを更に拡大するという情報です。

Canon has the R&D and manufacturing resources to make it happen
Via : Two Canon EOS R series bodies coming in 2019 [CR2] | Canon Rumors

  • 皆さんは新EOS RシリーズのカメラとRFシリーズのレンズが急速に拡大して行くことを期待している筈だが、CanonのR&D部門と製造部門のリソースはそれを実現する為のリソースを有している。
  • 2機種のEOS Rシリーズのボディが2019年に出ることを伝えたい。
    • まず最初に1機種目のEOS Rの下位モデルが出る。
    • 2機種目のボディは”プロ向け”のカメラとなり2019年の後半に出ることになる。
  • ”プロ向け”の意味は現時点では不明である。
    • EOS-1D X Mark II並の高速性と動画性能を持つかもしれない。
    • あるいはスタジオと風景撮影用としての高画素機の可能性もある。
    • おそらく2019年になるまでどちらになるかは明確にならないだろう。
  • 更にはAPS-Cセンサーを有するEOS Rシリーズカメラの可能性についても話を聞いている。
    • ただ、そのソースはそれが2019年に出るということを示しているわけでは無い。
    • 我々がEOS 7D Mark IIのEOS R版を得られるわけでは無い。
  • Canonは一眼レフカメラにも注力するだろう、2019年には最低でも4機種の一眼レフカメラが出ることが期待出来る。

個人的にはEOS Rの入門機がとても気になりますが、これらの予測が正しいとすれば、来年のCanonはミラーレスカメラもフルサイズカメラも両方に注力しながら多くのカメラを発表することになりますが、それが実現出来るのであればナンバーワンが更に証明されるということですね。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

re
Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

One thought on “キヤノンは2019年に入門向けとプロ向けのEOS R2機種を投入する?(CR)

コメントを残す