スポンサードリンク

ソニー海外で世界最小高倍率ズームコンパクトカメラ DSC-HX99/WX800 発表

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

IFA2018で発表されていたSONY Cyber-Shot の新モデル DSC-HX99とWX800が海外で発売が決定しました。
また、DSC-HX95なるモデルも発表されており、こちらはコントロールリングが搭載されないモデル。

これらのカメラは望遠側700mmクラスのカメラで世界最小ということです。

SONY DSC-HX99 製品情報ページ

SONY CyberShot DSC-HX99
SONY Cyber-Shot DSC-HX99

こちらはSONY WX800製品情報ページ

SONY WX800
SONY WX800

主な仕様

  • ZEISS® Vario-Sonnar T* 24-720mm F3.5-6.4
  • 1820万画素 1/2.3型 Exmor R® CMOS sensor
  • フロントエンドLSI搭載
  • BIONZ X™画像処理エンジン
  • ISO6400
  • 連写 10コマ/秒
  • 0.09秒の高速AF
  • 瞳AF搭載
  • RAW記録対応
  • 全画素読み出しによる 4K動画撮影
  • XAVC S
  • EVF 638,400ドット 0.2型   OLED Tru-Finder™パネル
  • 180度ティルト 3型液晶 タッチパネル
  • コントロールリング搭載(HX99のみ)
  • ポップアップフラッシュ
  • Wi-Fi搭載
  • Bluetooth® 4.1 搭載
  • サイズ 102.0 mm x 58.1 mm x 35.5 mm
  • 質量 撮影時 242g / 本体216 g

プロモーションビデオ

コンパクトながら、28倍の高倍率ズームを搭載、そして全画素読み出しの4K動画が撮影出来るということで、旅行に持って行けばこれ1台でビデオカメラとしても活躍しそうですね。

日本でも発売されると思いますが楽しみですね!!


Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す