スポンサードリンク

アドビiPad版Photoshop CCの開発を表明

Pocket
LINEで送る

先日、AdobeがPhotoshop CCのiPad版を2019年にリリースすることを明らかにしました。

公式ページ

Photoshop is coming to the iPad so you can create something unreal. All your familiar desktop tools and workflows are at your fingertips, from retouching and compositing to spot healing and blend modes. Layers? They’re all here. Resolution? No difference. Your PSDs are exactly the same, whether you’re working on your desktop or a mountain top.
Via : https://www.adobe.com/creativecloud/photoshop-ecosystem.html

 

プロモーションムービー

 

すでにLightroom CCはiPadにも移植されており私も愛用させていただいておりますが、Photoshopもそうなるんですね。

これまでもPhotoshop Expressなどモバイル版がリリースされていますが、今回の発表で重要なのはほぼフル機能のPhotoshopということです。

もうすぐiPadの新モデル(おそらくiPad Pro)も発表されるようで、デスクトップマシンとそう変わらない処理能力を備えることになるでしょうから、PCやMacは不要になりそうです。

更に、細かいお話ですが新iPad ProはUSB-Cインタフェースとなるようで、カメラとのダイレクトコネクトがより簡単になると超嬉しいですね。

FUJIFILMのコレもiPad版出せば良いのにね(^^;

各メディアの記事

Adobe、レイヤーなど(ほぼ)フル機能を備えたPhotoshop CC for iPadを来年投入へ~ビットマップとベクターを同時に扱えるProject Geminiも開発中、Project RushはPremiere Rush CCとして正式発表、急速にマルチデバイス対応へと舵を切る

Via : アドビ、ほぼフル機能のPhotoshopをiPadに投入へ – Engadget 日本版

とうとう来たな、この時がー! Adobe(アドビ)がついに、モバイル用だからって妥協しない完全フルバージョンの「Photoshop CC」をiPad向けにリリースします。リリース時期は2019年。今週ロサンゼルスで行なわれる年次カンファレンスAdobe MAXに合わせてスニークプレビューとして発表されました

Via : ついに解禁! Adobe、正真正銘フル機能の「Photoshop CC for iPad」を2019年にリリースすると発表 | ギズモード・ジャパン

残念ながら今すぐ試すことはできないが、2019年になったら、あらゆる画像をiPadでレタッチできるようになる。そして、当初はデスクトップ版の全機能を使うことはできないが、今後追加していく予定だとメーカーは言っている。

Via : Adobe、Photoshop CCのiPad版を発表 | TechCrunch Japan

米Adobeは10月15日 (現地時間)、同社のクリエイター向けイベント「Adobe MAX 2018」で、iPad向けの「Photoshop CC」と、クラウド機能「Cloud documents (クラウドドキュメント)」を発表した。iPad向けのPhotoshop CCはデスクトップ版と同等の機能を搭載、Cloud documentsを通じてデスクトップ版と同じPSDファイルを扱える。正式版のリリースは2019年を予定している。

Via : Adobe、iPad用「Photoshop CC」発表、デスクトップ版の機能をiPadでも | マイナビニュース

Photoshop CC iPad版は、タッチ入力とジェスチャー操作に対応するためにUIを再設計した。レイヤーやマスク、PSDファイルの読み込みなど、慣れ親しんだデスクトップ版と同等の機能やパフォーマンスをiPadアプリで実現するという。オンラインでデスクトップ版と同じPSDファイルにアクセスできるデバイス横断機能「ラウンドトリップ」も使える。アプリの対応デバイスはiPad以外にも広げる計画だ

Via : iPadに「Photoshop CC」と新イラスト制作アプリ「Project Gemini」がやってくる PSDファイルに対応 – ITmedia NEWS

アドビのチーフプロダクトオフィサー兼Creative Cloud担当エグゼクティブバイスプレジデントのスコット・ベルスキー氏は、「デバイスとプラットフォーム間のクリエイティブワークフローを変革することで、クリエイターコミュニティに有意義な価値をもたらす、次世代クリエイティブアプリケーション群。新しい分野に参入し、タッチ操作、音声認識、3D、拡張現実(AR)などの新しいメディアに積極的に取り組んでいくことで、Adobe Creative Cloudは、すべての人のためのクリエイティブプラットフォームとなった」(抜粋)と話した。

Via : ASCII.jp:アドビがAdobe MAXで主要CCアップデート発表、初ARアプリも

基調講演の冒頭に登場した、Adobe Systems CEOのシャンタヌ・ナラヤン氏は、「Adobeの使命はより多くのクリエイターに優れたツールを提供することだ。クリエイターは、デザイナーやイラストレーターだけでなく、学生や映画ディレクターなどさまざまな人達がいる。彼らはそれぞれ語るべき内容を持っており、Adobeはそうした彼らの想いを後押ししていく」と述べ、今後も優れたクリエイターツールを提供し続けると強調した。

Via : 【イベントレポート】マルチプラットフォームに本格的に舵を切るAdobe ~Adobe MAXでPhotoshop CC for iPad登場。フォントの無制限利用も提供 – PC Watch

10月も2週目に差し掛かり、次々と届けられている新型iPad Proのうわさ。もっかの焦点は「発売されるかどうか」よりも、既に「いつ発表イベントが開催されるか」ということに……?

Via : 新型iPad Pro発表イベントは10月末?からA12 Bionicの性能まで。最新のアップル噂まとめ – Engadget 日本版

アップルはiPhone同様にタブレット市場でも価格が高い製品に属し、より多くの利幅を確保しています。そのアップルが最も多くの販売台数を占めていることから、引き続きタブレット市場をコントロールしていくことがわかります。

Via : ASCII.jp:アップルはiPadとMacをどう変えるのか (1/4)|松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析

Appleが近く発表すると見られる新iPad Proは、厚みがわずか5.9ミリで、歴代iPadのなかで最も薄いモデルになるとの情報を、過去にも正しい内部情報をリークした人物がTwitterに投稿しました。

Via : 次期11インチiPad Proの厚みは5.9ミリでイヤホンジャックはない? – iPhone Mania

 





 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク


Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す