スポンサードリンク

ハイエンドコンパクトデジタルカメラ「RICOH GR III」を開発!2400万画SR素手ブレ補正!タッチパネル!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

リコーイメージングがRICOH GR IIIを開発発表しました。
今日からドイツで開催される、Photokinaで参考出品ということです。

ニュースリリース

株式会社リコー(社長執行役員:山下良則)、リコーイメージング株式会社(代表取締役社長:高橋忍)は、高画質とスナップシューティングに最適な小型軽量ボディを両立した、ハイエンドコンパクトデジタルカメラ「GR」シリーズの最新モデルとなる「RICOH GR III」の開発を進めています。
Via : http://news.ricoh-imaging.co.jp/rim_info/2018/20180925_026134.html

GR Blog様も記事が掲載されいてます。

本日、RICOH GR III の開発発表をさせていただきました。 開発発表としては珍しいかもしれませんが、概要だけでなく今現在お知らせできる仕様をすべて公開しました。
Via : 新型GR開発発表 (野口) | GR official | リコー公式コミュニティサイト

スペックを見ると、2432万画素のAPS-Cセンサーは順当として、何とSR手ぶれ補正(撮像素子シフト方式)を採用、ローパスセレクターもしっかり搭載しているということですね。
更に、タッチパネルも搭載、USB-Cで充電可能になっているようで、現在のカメラ(^^;としては納得の進化です。

で、ちょっとぴっくりした(してないけどw)のが内蔵メモリが2GB、、、、まぁこれだけあればメモリカード装着し忘れてもなんとかなりそうです。
但し、単三電池は仕様できないのは、、、当然ですがw

外観はキープコンセントのようですが、スナップシューターとして更に完成度が高くなっているようで、これは嬉しい進化ですね!!

発売は2019年になるようですが今からとても楽しみです。

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

2 thoughts on “ハイエンドコンパクトデジタルカメラ「RICOH GR III」を開発!2400万画SR素手ブレ補正!タッチパネル!

コメントを残す