スポンサードリンク

Go unnoticed in the street.タッチスクリーンや静音シャッターを搭載したライカ M10-P正式発表

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leicaが新レンジファインダーカメラM10-Pを発表しました。
M10との最も大きな違いは、新設計にシャッターユニットとタッチスクリーンが搭載されているということです。

製品情報ページ

Leica M10-P
Leica M10-P
  • Leicaレッドドットロゴがつかない
  • Leicaが”virtually silent”と呼ぶ新型シャッターは、Leica史上最も静音となっている。
  • トッププレートのLeicaロゴのレタリングはM-Pと同じ。
  • ブラックとクロームの2モデルが発売。
  • タッチスクリーンによって、スワイプ、ピンチズーム等の操作が可能。
  • レベルゲージを内蔵。
  • M10と同じセンサー、画像処理プロセッサー、ゴリラガラス製LCD、フレームセレクター、バッファー容量。
  • 実売価格は7995ドル

B&Hによるファーストルックビデオ

ハンズオンビデオ

Leica M10-Pとミラーレスカメラ、一眼レフカメラとのシャッター音の比較ビデオ

確かにシャッター音は良く聞かないと判らないほどですね!

レトロなレンジファインダーをタッチスクリーンで操作するのも新鮮ですね!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す