スポンサードリンク

ニコンD850を使ってはじめて判った?D610で発生していたフレアはセンサー側の問題だったのか?(petapixel)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

petapixelのサイトで、英国で活躍されているウェディング&エディトリアルフォトグラファーであるpetapixel氏がD610で発生していたフレア問題に関する興味深いテスト結果をアップされています。

A few years ago, I was embarrassingly very vocal about how disappointed I was about some of the Nikon lenses.
Via : Is the Sensor or the Lens to Blame for Poor Image Quality?

 

このような撮影結果になっていたようですね。

Jake Hicks : PetaPixel : Is the Sensor or the Lens to Blame for Poor Image Quality?
Jake Hicks : PetaPixel : Is the Sensor or the Lens to Blame for Poor Image Quality?

 

  • 数年前、Nikonのレンズに対し大きく失望たことについて声を荒げていたことが今となっては恥ずかしい。
  • 私は何十年もNikonのカメラとレンズを使用しており、そのカメラ出す画質や色再現性にとても満足してたが、Nikonから乗り換える為に鮮明かつ明瞭な画質のレンズを探していた。
    • 実際数年前に他のブランドのレンズをNikonと比較する調査やテストを行い、ほぼNikonから離れる寸前となっていた。
    • しかしNikonのセンサーが出す色再現性や色の深さは他社と比較するとはるかに優れておりNikonから離れることが出来ないでいた。
  • その時のNikonのレンズに対する最大の不満は何だったかというと、特に暗部とハイライト部のコントラストが強い条件で発生していた醜いフレアであった。
  • 実際この現象にかなり戸惑っており、Nikonがポートレートやウェディング市場にアピールする為に「スキンスムージング」処理の一種だとも考えていた。
  • ところが2017年にD610からD850に置き換えた、私にとってカメラは単なる仕事の道具であり信頼出来るカメラを求めていたからだ。
    • 正直言って、D610のセンサーが新しいD850と比べてどれほど劣っているものなのかは判らないが、クライアントはこれまで「えー?その奇妙なフレアは何?」と言われたことは一度もなかった。私のD610は多くのお金を稼いでくれていたが、実はFisher-Price(玩具店)で買ったレンズのような写りになっていたのだが、、、
  • 結果D610とD850を比較する迄はNikonのレンズの真のクオリティを認識出来なかった。その問題はレンズで発生したいたのでは無く、センサー側で発生していたのである。
  • 旧式のレンズと新型のレンズ、そして、旧型のカメラと新しいカメラを比較テストしてみた金色のスパンコールの周りに発生するフレアに注目して欲しい。
    • D600でもまったく同じ結果だった。
    • 更に他のフォトグラファーのレンズとカメラを試してみたが、それら全てが同じ結果になったのである。
  • 私がこれを共有した理由は、画質やシャープネスについて話す場合、多くの人はレンズの重要性については語っているが、今回のテストではセンサーも重要であることがはっきりと示されたと考えているからである。
  • レンズを購入する時、他の方のレビューを参考にしている場合、決断を下す前に撮影したカメラのボディを確実に知る必要がある。
  • またもし可能であれば千ドルを費やす前に自分のカメラで試して見ることをお勧めしたい。

テストではゴールドや黒のスパンコールの衣装を置いて、各種レンズ (AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 、Ai AF Zoom Nikkor 28-105mm F3.5-4.5D(IF) 、Ai AF DC-Nikkor 105mm f/2D、AI AF Nikkor 85mm f/1.8D、Herios 85mm F1.5(再生産バージョン)、Nikon Ai Nikkor 43-86mm F3.5)で撮影されているようです。

Jake Hicks : PetaPixel : Is the Sensor or the Lens to Blame for Poor Image Quality?
Jake Hicks : PetaPixel : Is the Sensor or the Lens to Blame for Poor Image Quality?

いかがでしょうか?

確かにこのテストで使われているレンズの種類に関わらず、D610で撮影した写真はスパンコールの部分にフレアのような現象が発生していますね。
通常、この結果を見るた人の多くはレンズの性能のせいだと思うのでは無いでしょうか?

そして比較テストではオールドのMFレンズでも、最新のNikkorレンズでも同じように発生していますのでD850とのレンズ補正の差でも無さそうです。

以前D750で発生していたフレア問題とも違うようです。

やはり、センサーの違いでこのような結果になるのでしょうか?
ローパスフィルターの有無の差もあるかもしれません。

いずれにしてもこのテストを見る限りでは、レンズ選を選ぶ時はカメラボディの方も十分に吟味する必要がありそうです。
もしかして高いカメラの方(ry

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

《新品》 Nikon(ニコン) D610 ボディ[デジタルカメラ]【KK9N0D18P】
価格:103870円(税込、送料無料) (2018/8/18時点)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

One thought on “ニコンD850を使ってはじめて判った?D610で発生していたフレアはセンサー側の問題だったのか?(petapixel)

  • 2018年8月18日 at 7:58 AM
    Permalink

    ニコンD7000で撮影するより「同じニッコールレンズであっても」ソニーNEX-6で撮影したほうが遥かにシャープに写る…とレポートしていあるブログ記事が数年前から存在している。カメラの違いも大きい。

    Reply

コメントを残す