スポンサードリンク

2019年迄に出る可能性があるソニー/ツァイス/シグマ/トキナー/サムヤンのEマウントレンズのまとめ(SAR)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

onyalpharumors2018年から2019年に出るレンズの予測リストのまとめ記事を公開しました。

These are the lenses that are likely to be announced in 2018 and 2019:
Via : (SR3-SR5) The new rumored E-mount lenses from Sony, Zeiss, Samyang, Sigma… – sonyalpharumors sonyalpharumors

 

  • (確度4) SONY  FE 24mm f/1.4 GM
    • おそらくPhotokinaで発表。
    • ノイズ問題が発生したことで当初春の発表がPhotokinaまで遅れた。
    • 新開発のバージョンはわずかに大きくなった。
  • (確度5) Zeiss Batis 40mm f/2.0 CF FE
    • PhotokinaとPhotokinaPlusの間に発表される。
    • Distagon構成
    • 最短撮影距離は0.24m
    • フォーカスリミッター搭載 (Full / ∞ 〜 0.4 m / 0.5 m 〜 0.24 m)
    • フィルタ経 67 mm
    • Batis 85mmに近い大きさだがやや小型
  • (確度4)Sigma 70-200mm f/2.8 FE
    • Photokinaで発表される可能性がある
  • (確度3)SONY FE 200-600mm G
    • SONYのロードマップにあると聞いている
    • FE 400mmが発売された後に発表される
  • (確度3)SONY FE 500mm と 600mm f/4.0 GM
    • 両レンズ共にSONYで開発が始まっている
    • このうち1本が2019年後半の早いうちにアナウンスされる可能性がある
  • (確度4)SONY FE 135mm GM
    • 2019年内に発表されるだろう
    • 開放値については100%確信が持てないがf/1.8になるだろう
  • (確度4) Samyang
    • 今年中に1本以上のAFレンズがアナウンスされる
  • (確度4) Tokina
    • Photokinaから2019年の初旬の間に新超広角FEレンズと新FEズームがアナウンスされる
  • (確度4) Sigma 50mm f/1.4 APS-C Eマウント
    • Photokinaで新APS-Cレンズをアナウンスする

こうして見ると、Eマウントレンズはサードパーティーも含めて活況を呈しているという感じですね。

NikonやCanonはこれを巻き返すことが出来るのでしょうか?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す