スポンサードリンク

ソニー α6300の4K動画オーバーヒート問題はSDカードで解決する?(DIYPhotography)

Pocket
LINEで送る

SONY α6300で4K動画を撮影していると15分〜20分でオーバーヒートモードになり録画が自動停止されるという問題がネットに流れていました。
しかし、今回DIYPhotographyがYouTubeでそれを解決する簡単な方法を説明しています。

SanDisk Extreme PRO 64GB UHS-I V30 95MB/s では約15分で停止
に対して
PROGRADE 128GB UHS-II V60 200GB/s では仕様上限の30分弱まできっちり録画できたということです。
(PROGRADEはLexar出身者が立ち上げたメモリカードの新ブランドです)

ちなみに、α6300はUHS-IIに対応していませんが、これはいったいどういうことなのでしょうか?

より高速のカードの方がα6300の処理の負担が減るということでしょうか?
それとも、SDカード自体の発熱の問題が影響しているのでしょうか?

私もアクションカメラで連続撮影しているとmicroSDカードがかなり発熱していた経験があります。
UHS-IIカードをUHS-Iモードで低速?動作されていることでカードの発熱が少ないのでしょうか?

このビデオを見ると発熱問題停止はカメラだけの問題では無いような気がします。(勿論メーカーによってはカードの発熱も考慮して設計することもあるかと思いますし、SDカードの位置を工夫したりするとも思いますが)

いずれにしても、SDカードは良いモノを選んでおいて損は無さそうですね! 勿論SanDiskは最高のカードですが。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す