スポンサードリンク

カシオがコンシューマー向けデジタルカメラ撤退を正式発表(日本経済新聞)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本経済新聞によれば、9日にカシオがデジタルカメラ撤退を発表したということです。

カシオ計算機は9日、コンパクトデジカメ事業から撤退すると正式発表した。スマートフォン(スマホ)の普及でデジカメの販売低迷が続いており、2018年3月期のデジカメ事業は2期連続の赤字となった。スマホのカメラ機能が高機能化し、デジカメ単体での回復は難しいと判断した。
Via : カシオ、デジカメ撤退を発表 スマホ台頭で  :日本経済新聞

  • 18年3月期のデジカメ事業の売上高は前期比34%減の123億円、最終赤字は5億円から49億円
  • スポーツ用など業務用デジカメの開発は継続
  • 17年にデジカメと楽器など3つの事業部門を統合し要素技術を掛け合わせた新製品て成長を目指す

 

コンパクトデジタルカメラの歴史はカシオから始まったと言って過言では無いと思います。
それから20年が経過して残念ですが1つの時代が終わったということですね。(関係ないけどiMacは今年が20周年ということで;;^^))

こちらはITmediaのQV10Aの記事

 

その他メディアの記事

カシオは1995年3月に世界で初めて液晶モニターを搭載した「QV-10」を発売し、デジカメの草分けのメーカーとして知られる
Via : カシオ:デジカメ事業撤退 スマホで市場縮小し赤字続き – 毎日新聞

今後はデジタルカメラの独自技術やノウハウを活用し、新しい事業領域創造を目指すとしている。
Via : カシオ、コンパクトデジタルカメラから撤退。市場縮小のため – AV Watch


Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ
楽天トラベル

コメントを残す