スポンサードリンク

フジフイルム Xマウントフジノンシネレンズ MKX18-55mmT2.9 とMKX50-135mmT2.9発表

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも噂通り、XマウントのフジノンMKシネレンズ2本、MKX18-55mmT2.9と、MKX50-135mmT2.9が発表されました。

発売は2018年6月で、
MKX18-55mmT2.9の価格は549,500円
MKX50-135mmT2.9の価格は599,500円
ということです。

FUJIFILMも同日発表されたX-H1と自社レンズでポータブルシネカメラに参入ということですね。

ニュースリリース

約1kgの軽量設計と高い光学性能を実現したシネマレンズ「フジノンレンズ MKX18-55mmT2.9」(以下「MKX18-55mm」)と「フジノンレンズ MKX50-135mmT2.9」(以下「MKX50-135mm」)を2018年6月より発売します。「MKX18-55mm」と「MKX50-135mm」は、ミラーレスデジタルカメラ「Xシリーズ」で採用している「Xマウント」に対応したもので、同シリーズの交換レンズとしては初めてのシネマレンズです。
Via : ミラーレスデジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズに、高性能シネマレンズが新登場「フジノンレンズ MKX18-55mmT2.9」「フジノンレンズ MKX50-135mmT2.9」新発売 : ニュースリリース | 富士フイルム

FUJIFILM フジノンレンズ MKX18-55mmT2.9
FUJIFILM フジノンレンズ MKX18-55mmT2.9
FUJIFILM フジノンレンズ MKX50-135mmT2.9
FUJIFILM フジノンレンズ MKX50-135mmT2.9

仕様

型名 フジノンレンズ MKX18-55mmT2.9 フジノンレンズ MKX50-135mmT2.9
レンズ構成 17群22枚(EDレンズ2枚、スーパーEDレンズ6枚) 17群22枚(EDレンズ2枚、スーパーEDレンズ2枚)
焦点距離 f=18-55mm
(35mm判換算:27-84mm相当)
f=50-135mm
(35mm判換算:76-206mm相当)
画角 76.5°~29.0° 31.7°~12.0°
T-No. T2.9 T2.9
最大口径比(開放絞り) F2.8 F2.8
最小絞り F22~クローズ F22~クローズ
絞り羽根枚数 羽根枚数 9枚(円形絞り) 9枚(円形絞り)
ステップ段差 無し 無し
撮影距離範囲(撮像素子面から) 0.85m/2ft 9in~∞
[マクロ操作時
0.38m/1ft 2.9in~(ワイド端)]
1.2m/3ft 11in~∞
[マクロ操作時
0.85m/2ft 9in~(ワイド端)]
外形寸法 最大径×長さ(約)
先端よりマウント基準面まで
φ87mm×206.6mm φ87mm×206.6mm
質量(約)
(レンズキャップ・フード含まず)
1,080g 1,080g
前枠径 85mm 85mm
フィルターサイズ φ82mm φ82mm

 

プロモーションムービー


 

製品情報ページ

 

 

 

MKXレンズスペシャルコンテンツ

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す