スポンサードリンク

木下光学研究所 Kistar 85mm F1.4 はポートレートからストリートスナップまでこなすオールラウンドなレンズ

Pocket
LINEで送る

木下光学研究所のブログに、新中望遠レンズKistar 85mm F1.4について澤村 徹先生の素晴らしい作例によるレビュー記事が掲載されています。
作例の撮影に使用されたカメラはSONY α7IIということです。

このレンズを試用して約4ヶ月、様々なシーンで卓越した描写で楽しんできた。そこで今回は、Kistar 85mm F1.4のオールラウンダーぶりを紹介しよう。
Via : Kistar the other side 第12回 オールラウンダーとしての中望遠 | 木下光学研究所|レンズの設計と製作

  • やわらかい開放が特徴
  • ジャスピンでは絶妙なシャープネス
  • やわらかさとシャープさを両立したような写りがスリリング
  • 開放で滲みがなく、すっきりと、それでいてやさしい雰囲気
  • やわらかい前ボケ
  • ハイキーでもハイライトが階調を保っている
  • 周辺部は玉ボケがレモン型になるが、いやみのない描き方
  • 最短での開放は大きく深いボケが圧巻
  • 歪曲が少ない
  • ポートレートだけでは無くオールラウンダーとしての側面もある

 

KISTAR 85mm F1.4の実売価格は13万円台のようですが、印象的な描写の大口径中望遠レンズとしてオールドレンズファンのみならず大注目の1本ですね。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す