スポンサードリンク

DPReviewが選ぶ2017年ベストバイカメラ($2000以下部門)

Pocket
LINEで送る

DPreviewの今年のバイヤーズ・ガイド、500ドル以下部門1000ドル以下部門に続き、2000ドル以下部門です。
この価格帯は上級者向けのカメラとして画質、機能共に最高水準のカメラですので、DPreviewはどのようなカメラが選出したのでしょうか?

 

ウィナーは Nikon D750

Nikon D750
Nikon D750

選考理由

  • Nikon D750のように多くの友人に確実にオススメ出来るカメラは少ない
  • 2014年の秋に発表されていたにもかかわらず、D750は今でも競争力のあるカメラ、加えて価格もこなれている
  • 我々は2018年〜2019年にかけてD750の後継が出ることを予測しているが、このカメラの主要機能が時代遅れになるということは無い
  • 2400万画素のフルサイズセンサーは抜きん出た画質と広いダイナミックレンジを持ち、51ポイントのAFシステムは限られた照明でも高速で信頼出来る
  • 人間工学に基づきながらも驚くほど小型であり現時点で、少なくとも静止画を撮影するフォトグラファーにはベストなハンドリング感覚を有する一眼レフカメラの1台
  • 動画は現在の基準ではD750の唯一の弱点となりつつある
  • もし4Kでクラス最良のAFを求めるのであれば、他のカメラがより良い選択になる場合がある

 

今年エントリされた各カメラの評価

Nikon D750

  • お気に入りのポイント
    • 素晴らしいAF、特に被写体認識と追従性に優れいてる
    • 素晴らしい低照度性能
    • ダイナミックレンジが広い
    • 可動液晶
  • 好ましくないポイント
    • 連写時に心もとないバッファメモリ
    • AFクロスポイントが中央部に限られている
    • ミラー/シャッターのショックがブレを引き起こす
    • ライブビュー及び動画のAFが貧弱

 

Canon EOS 6D Mark II

  • お気に入りのポイント
    • 競争力のあるISO性能、JPEGにおける良好な色再現性
    • ファインダー撮影時の45ポイントオールクロスAFシステム
    • ライブビュー/動画撮影時のデュアルピクセルAF
    • GPS内蔵
  • 好ましくないポイント
    • 低ISOでのRAWでダイナミックレンジが狭い
    • ファインダー使用時にAFエリアのカバー範囲が狭くなった
    • ライブビューでのAF使用時連写がとても遅い
    • ソフトな画質の動画

 

Fujifilm X-Pro2

  • お気に入りのポイント
    • クラシックなコントロールシステム
    • 美しいJPEG
    • 高いリフレッシュレートを有するイメージセンサー
    • エレガントかつ効率の良いスタイリング
  • 好ましくないポイント
    • AF性能がレンズに大きく依存する
    • がっかりしてしまう連写時のAF
    • 動画撮影時のコントロールが限られている

 

Fujifilm X-T2

  • お気に入りのポイント
    • 素晴らしい画質
    • とても印象的なAFシステム
    • 多くのダイレクトコントロール
    • 様々な機能を用いることが出来る高解像度の4K
  • 好ましくないポイント
    • AF性能がレンズに依存する
    • グリップ無しではバッテリーライフが心もとない
    • グリップ無しでは4Kの撮影時間が10分に限られる
    • EVFのラグが動体追従を難しくしている

 

Leica TL2

  • お気に入りのポイント
    • 素晴らしい画質
    • 大型でレスポンスに優れるタッチスクリーン
    • 4K動画
  • 好ましくないポイント
    • 常識と異なる使い勝手
    • 正確な被写体追従が出来ないAF
    • EVFが内蔵されていない

 

Nikon D500

  • お気に入りのポイント
    • 素晴らしいRAW画質
    • 10コマ/秒のこのクラスを代表するAFと追従性
    • 立派な4K動画の画質
    • 世界一の一眼レフAFキャリブレーション機能
  • 好ましくないポイント
    • 4K動画でのクロックがレンズの選択を狭くしている
    • SnapBridge は改善の必要がある
    • 一般的な動画コントロールとAF性能

 

Olympus OM-D E-M1 II

  • お気に入りのポイント
    • 先進的なAFシステム
    • とても高速の連写
    • ボディ側手ブレ補正
    • 4K (UHD/Cinema) 動画撮影機能
  • 好ましくないポイント
    • 価格
    • 圧倒されるコントロール設定

 

Panasonic DC-GH5

  • お気に入りのポイント
    • プロレベルの動画スペックと機能
    • 防塵防滴のマグネシウム合金ボディ
    • 抜きん出たEVF
    • 可動タッチLCD
  • 好ましくないポイント
    • 動画で少々迷うことがあるAF
    • 高速連写時にビューファインダーの解像度が低下する

 

Panasonic DC-G9

  • お気に入りのポイント
    • 素晴らしい作りの良さ
    • 高速連写
    • 素晴らしいボディ内手ブレ補正
    • 4K動画
  • 好ましくないポイント
    • 豊富過ぎるコントロールは最初に圧倒される可能性がある

 

Pentax K-1

  • お気に入りのポイント
    • 素晴らしい解像度とダイナミックレンジ
    • ピクセルシフトモードはノイズを低減しダイナミックレンジも増加させる
    • ボディ内5軸手ブレ補正はとても効果的
    • 暗所での視認性をもたらすLEDライトを備える操作系
  • 好ましくないポイント
    • がっかりしてしまう連写時のAF性能
    • 高ISOでソフトでノイジーなJPEG
    • 選択出来るレンズが限られている

 

SONY α7 II

  • お気に入りのポイント
    • 静止画とビデオ両方に役に立つボディ内5軸手ブレ補正
    • サードパーティのレンズでも使える進化した位相差AF
    • 洗練されたJPEGシャープニング処理とノイズリダクション
    • 小型、軽量のフルサイズカメラ
  • 好ましくないポイント
    • 競合のフルサイズカメラに対して劣る高感度性能
    • オートISOの設定が無い
    • 貧弱なバッテリー性能
    • 狭苦しく、感触が無いボタンとダイアル

 

いかがでしょうか?

このクラスで一眼レフカメラが選ばれたというのは嬉しいですね!
6D Mark IIやK-1もとても魅力的なカメラだと思います。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す