スポンサードリンク

シグマ Contemporary 16mm F1.4 DC DN はコストパフォーマンスが高い逸品(Kasyapa)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

マップカメラのレビューサイト Kasyama にSIGMAのミラーレス用新単焦点レンズ Contemporary 16mm F1.4 DC DNのレビューとSONY α6500による素晴らしい作例としてサンプルイメージが掲載されています。

今回のKasyapaでは、2017年11月22日発売予定の『SIGMA Contemporary 16mm F1.4 DC DN』をご紹介いたします。
Via : マップカメラ | KASYAPA | 453:コストパフォーマンスに優れた逸品『SIGMA Contemporary 16mm F1.4 DC DN

描写

  • 描写力は申し分ない
  • 溶け込んでいく美しいボケ、なだらかなアウトフォーカスがとても美しい
  • 絞ってもフラットな画にならないのがシグマレンズの良いところ
  • 周辺の歪みもほとんど気にならない程度まで抑えられている
  • 被写体をクローズアップした撮影も得意

AF

  • ファストハイブリッドAFにも対応し、SONYのAF性能が存分に発揮

使い勝手

  • ピントリングとマウント部分の間に僅かに傾斜が付いてい、よりレンズが手にフィットする感覚
  • レンズの大きさの割にフードが大きく、フレアやゴーストを徹底的にカットしてくれる
  • 約405gと軽量

外観

  • 同じメーカーの製品ではないかと錯覚してしまうほど、α6500の質感が非常に良く合う

まとめ

  • 細かなところまで工夫が凝らされた逸品
  • レンズの明るさや画質のことを考えると、相当コストパフォーマンスの高いレンズ

F1.4の大口径、そしてこの素晴らしい作例を生み出すレンズが、4万3千円台で購入出来るなんて、SONYのAPS-Cやマイクロフォーサーズユーザーの方にとっては素晴らしい選択になりそうですね!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す