スポンサードリンク

【CP+2017レポート】「遠回り」して来たシグマブース

Pocket
LINEで送る

1週間掛けてしまった(^^;今年のCP+2017レポートですが、最後にお届けしたかったのはやはりSIGMAです。

CP+2017

SIGMAのブースの特長は、コンセプチュアルな訴求を行っていることだと思います。
CP+2017

写真を撮ること、カメラとレンズを使って写真を撮ること、そしてSIGMAのもの作りの姿勢としてXP+2017のテーマは「遠回り。」ということです。

CP+2017

SIGMAが遠回りする理由。
生産は川が流れるように。

CP+2017

測定器を超えた加工技術、そして「しっとり」感。

CP+2017

そしてSIGMAのアイコンは画を追求するFOVEONセンサー

CP+2017

 

今回のCP+でSIGMAが発表する新製品リスト。ボディからレンズまで見所がたくさんですね。

CP+2017

早速新レンズのハンズオンブースに並んだのですが、流石に新レンズに対する注目は大きく、しばらく順番待ちさせて頂くことになりました。

CP+2017

行列の横に並べられていた柑橘系に何故か癒されます(^^;

CP+2017

行列に並びならが、新規参入されたシネレンズの展示もチェック。

CP+2017

ズームながらT2.0の明るさを実現しているHigh Speed Zoom Lineのレンズ。
CP+2017

CP+2017

そしてフルサイズセンサーのシネマカメラに対応するFF Zoom Line、
今回のCP+で私はα7IIに24-35mm F2 DG HSM|Artを装着して撮らせて頂いていますが、それを引き継ぐ24-35mm T2.2 FFレンズは堂々とした外観でした。

CP+2017

そして、奥の方には、シグマの技術者の方によるセンサークリーニングサービスというブースが設けられていました。

CP+2017

動画で撮影してみましたが、単なるセンサークリーニングでは無く、カメラやレンズを徹底的にクリーニングするサービス。SD1のフォーカシングスクリーンの清掃でも時間を掛けて徹底的に作業をされているということが判ります。

 

シグマのブースは丁寧に良く考えられた配置、そしてお客さまに訴求する方向性に一貫性があり他社よりも一歩上を行くブースがとても印象的でした。

さていよいよ発表された24-80大口径ズームレンズも含めた新レンズのハンズオンは次の記事にアップさせて頂きます。

 

Capturing Light:臨場感はどう生まれるか。光を知り、光を撮る

Capturing Light:臨場感はどう生まれるか。光を知り、光を撮る

マイケル・フリーマン
4,860円(04/24 15:27時点)
発売日: 2017/01/29
Amazonの情報を掲載しています

家族を撮る。子どもとの10年を残す、デジカメLesson (momo book)

家族を撮る。子どもとの10年を残す、デジカメLesson (momo book)

藤本陽子
1,728円(04/25 03:40時点)
発売日: 2015/05/01
Amazonの情報を掲載しています

風景を撮る!―「写真の学校」

風景を撮る!―「写真の学校」

清水 哲朗, 写真の学校
1,620円(04/24 15:27時点)
発売日: 2010/09/01
Amazonの情報を掲載しています

デジタル一眼で傑作写真を撮る本 写真家が伝える厳選64の撮影&設定術

デジタル一眼で傑作写真を撮る本 写真家が伝える厳選64の撮影&設定術

田中 希美男
1,922円(04/25 00:03時点)
発売日: 2009/03/19
Amazonの情報を掲載しています

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

One thought on “【CP+2017レポート】「遠回り」して来たシグマブース

コメントを残す