スポンサードリンク

「M型フィルムカメラのようなスリムなボディ」ライカM10正式発表

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでの情報通りLeica M10が正式発表されました。
2017年2月発売予定ということです。

特長

  • M型フィルムカメラ並に薄型化されたボディ
  • レンジファインダーは視界を30%広げ、ファインダー倍率を0.73に引き上げ、アイレリーフも50%拡大
  • ISOクリックダイアル搭載
  • 背面にジョイスティックを配置
  • 背面のボタンは「プレイ」、「ライブビュー」、「メニュー」の3つに絞られている
  • ライブビュー時にはフォーカスピーキング表示が可能

主なスペック

  • フルサイズ2400万画素 CMOS イメージセンサー
  • 「LEICA MAESTRO II」イメージプロセッサー
  • ISO100~50000
  • バッファメモリー2GB
  • 縦走りメタルブレード・フォーカルプレーンシャッター 125~1/4000秒
  • 連続撮影約5コマ/秒、最大30~40コマ
  • 大型ブライトフレームファインダー パララックス自動補正機能付き
  • 液晶モニター3.0型TFTカラー液晶モニター 1,036,800ドット
    • カバーガラスは「Corning® Gorilla® Glass (コーニング社のゴリラガラス)」を採用
  • ライカ ビゾフレックス電子ビューファインダー対応
  • ボディ
    • 本体:マグネシウムダイカストのフルメタル製、合成皮革の外装
    • 上蓋および底蓋:真鍮製、ブラッククロームメッキ仕上げまたはシルバークロームメッキ仕上
  • Wi-Fi搭載
  • GPS
    • ビゾフレックス電子ビューファインダー使用時に可能
  • 寸法(幅×高さ×奥行) 約139mm×80mm×38.5mm
  • 質量約660g(バッテリー含む)

M10の最大の特長は、これまでのライカM (TYP262)では厚さ42mmあったのが、一気の33.7mmと薄くなっていることです。

 
薄くなったボディは、ライカらしい使い心地が更に感じられそうですね。
また、薄くなりながらもファインダー性能を向上させたのも素晴らしいです。

プロモーションビデオもアップされています

Matt Stuart – Exploring Brussels with the Leica M 10

Discovering Zanzibar

The Phoblographerがアップしている、ライカStefan Daniel氏による製品説明動画

DPreviewによるファーストルック動画

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す

Error: Access Token is not valid or has expired. Feed will not update.
This error message is only visible to WordPress admins

There's an issue with the Instagram Access Token that you are using. Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page.
If you continue to have an issue with your Access Token then please see this FAQ for more information.