スポンサードリンク

「新しい時代のための広角レンズ」ツァイスBatis 2.8/18発表

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Zeissから新レンズのティザーイメージ公開されていましたが予測通りBatis 2.8/18が発表されました。

製品情報ページ

特徴

  • ソニーのフルサイズ・ミラーレスカメラのために開発
  • ディスタゴンレンズ(レトロフォーカスデザイン)構成
  • “Floating Elements”設計
  • オートフォーカス
  • 耐候性の金属鏡筒
  • マウント部のシーリング加工 防塵・防滴
  • 有機ELディスプレイ搭載 撮影距離と被写界深度を表示

スペック

  • 最短撮影距離 0,25m
  • レンズ構成 10群11枚
  • フィルター径 M77 x 0,75
  • サイズ(レンズキャップ含む) 95 mm
  • ピントリング最大径 78 mm
  • 重量 330 g (0.74 lbs)
  • レンズマウント E-Mount

α7シリーズユーザーの方は待望の超広角単焦点レンズということですが、気になるのはその価格です。

まずは海外の販売サイトでは予約が開始されていますが、米国のB&H Photoでの価格は$1,499で、同じ販売点でBatis 1.8/85が$1,199、Batis 2/25が$1,299で販売されていますので、それら2本より少し高価になりそうです。

ちなみに、マップカメラさんではBatis 1.8/85が13万円弱、2/25が13.5万円弱となっていますので、Batis 2.8/18は15.5万円〜16.5万円で販売されれば良いですね。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク



Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す

Error: Access Token is not valid or has expired. Feed will not update.
This error message is only visible to WordPress admins

There's an issue with the Instagram Access Token that you are using. Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page.
If you continue to have an issue with your Access Token then please see this FAQ for more information.