スポンサードリンク

富士フイルム新XF35mmF2レンズと兄貴分のXF35mmF1.4レンズ詳細比較記事(admiringlight)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

admiringlight.comが、富士フイルムの新レンズ、フジノンレンズ XF35mmF2 R WRと、その兄貴分であるフジノンレンズ XF35mmF1.4 Rとの詳細比較テスト記事をアップしています。

Today, I’m pitting the original lens for the X-Series, the venerable XF 35mm f/1.4 R against the new normal prime, the XF 35mm f/2 R WR, a slightly more compact and weather resistant lens that has just been released for the X-Series of interchangeable lens cameras.

Via : Fuji 35mm f/1.4 vs. Fuji 35mm f/2 – Admiring Light

近距離と遠景の両方で、絞りごとで等倍比較も可能なイメージをアップされていますのでとても参考になる記事だと思います。

テスト#1 近距離の描写

  • 三脚を使用
  • 被写体の距離約1m
  • 開放からf/8まで比較

センター部シャープネス

  • 2本のレンズは非常に近い
  • 35mm F1.4は開放ではやや甘いがf/2からシャープになる
  • f/2に揃えると新XF 35mm F2レンズはややF1.4レンズにほんの少し劣っているように感じる
  • f/2.8にすると少し逆転し、35mm F2レンズが僅かにリードする
  • f/4にすると両レンズ共に並外れてシャープになり、それより絞ってもほんの少ししか違わない

周辺部のシャープネス

  • センター部については量レンズ似たものだったが、周辺部については異なる展開になる
  • 特に開放で35mm F1.4はかなりソフトでf/5.6までシャープネスは整わない、f/8あたりで最もシャープになる
  • XF35mm F2は開放f/2でややソフトになることもあるが、35mmF1.4のf/4よりも良い解像感となる
  • f/2.8に絞ると更にドラマチックに解像度が良くなる方向に進化する
  • f/4での周辺部は(35mmF1.4の)f/8での全てのエリアで解像度が上回る
  • 新XF35mmF2はフレーム前面にわたり、特に絞りを開け気味の時は明らかなアドバンテージを感じる

ボケ

  • 両レンズ共に似た描写傾向を示している
  • 開放に近い時はXF35mmF1.4の方が少し整ったボケを示している
  • XF35mmF2の円形9枚羽根は絞り込んだ状態でのハイライト部ではより円形に近い状態となる
  • しかしながら両レンズの総合的な性格はほぼ同じでと感じる

近距離撮影でのまとめ

  • XF35mmF2レンズは、先輩レンズ(35mmF1.4)と比較して全体的によりシャープであり、ボケは両者ともに似た傾向を示している
  • このような距離では35mmF2は素晴らしいレンズであり、全ての絞り値で性能を気にすること無く撮影できる
  • 被写界深度が浅い撮影でも、より低感度が使え、かつ素晴らしい被写体の分離を見せる

 

テスト#2 無限遠の描写

  • 三脚を使用
  • 開放からf/8までテスト

中央部の解像度

  • 両レンズ共全く素晴らしい性能だが、近距離撮影と同様のマイナーな相違点が見られる
  • XF35mmF1.4は近距離の時と同様に開放ではそれほどシャープでは無い
  • XF35mmF2.8はf/2やf2.8でよりシャープである
  • f/4まで35mmF1.4レンズは弟分と同じシャープネスにならない
  • シャープネス以外の部分、コントラストや色再現性に関してはとても似ている

周辺部の解像度

  • これも35mmF2レンズは35mmF1.4レンズに対しかなり強力なリードを見せている
  • 35mmF1.4レンズはf/5.6まで、35mmF2レンズの開放と同等のシャープネスを見せている
  • また、35mmF2レンズは開放でシャープなのは明らかであるが、f/8になると35mmF1.4レンズがややリードするようになる
  • 35mmF2レンズの開放部の描写は絞り込んでもそれほど改善しない傾向であると言える
  • 近距離と比較すると、周辺部まで全域でシャープとは言えないが、良い性能を持っていることには変わらない
  • 遠景での週辺部のエッジ表現はややソフトである

全体のまとめ

  • 35mmF2レンズの光学性能はは35mmF1.4レンズに対して明らかな進化を遂げていると言える
  • 両レンズ共に良い仕事をする、F1.4レンズはより大口径を持ちかつ美しい描写を見せる、しかし35mmF2レンズでは富士フイルムXシリーズレンズの数年間でのレンズ設計の進化を感じることが出来た

ということで、このレビューはサンプルイメージを見る限り(当然のことですが)フジノンレンズ XF35mmF2 R WRレンズは、決してフジノンレンズ XF35mmF1.4 Rレンズのコストダウン版では無く、コンパクトかる防塵防滴構造も持っていることから、F1.4と併用しても遜色無いどころか条件によっては上回る描写を持つ素晴らしいレンズであると言えると思います。

富士フィルムユーザーの方が羨ましいですが、2本とも欲しくなってしまいそうでちょっと怖いでが、どちらもレンズもとてもお買い得な価格なんですね!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す

Error: Access Token is not valid or has expired. Feed will not update.
This error message is only visible to WordPress admins

There's an issue with the Instagram Access Token that you are using. Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page.
If you continue to have an issue with your Access Token then please see this FAQ for more information.