スポンサードリンク

フジフイルム X-T1+Capture One Pro 8フィルム現像プロファイルが無料ダウンロードできます

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

fuji-x-forum.comのメンバーであるfleckintosh氏が、CaptureOneでのX-T1用のフィルムシミュレーション現像用プロファイルを無料で公開しています。

Well, FXF member fleckintosh kindly shared film simulation profiles over at our Fuji X Forum here. You can download (for FREE) the .zip files and let us know at the dedicated FXF thread or here in the comments what you think about them.

Via : FREE Capture One Pro 8 Fujifilm Film Simulations to DOWNLOAD! | Fuji Rumors

XT1+CP8のユーザーというピンポイントになりますが、CP8のRAW現像にもフィルムシミュレーションが必要な方には朗報です。

また、CaptureOne8ユーザーであれば、とりあえずプロファイルをインストールすることで、他のカメラでも現像して見ることは可能です(あまり意味は無いかもしれませんが)

ダウンロードできるのは以下の7種類

  • クラシッククローム
  • PROVIA
  • ASTIA
  • Velvia
  • PRO Neg.Std
  • PRO Neg.Hi
  • モノクロ

一応ですが、私もCapture Oneユーザーですので、試しにインストールした手順をご報告いたします。(以下Macですので悪しからず)

手順

1.fuji-x-forum.comのアカウントを作成する。→http://www.fuji-x-forum.com/index.php?app=core&module=global&section=register

2.作成時登録したメールアドレスに認証リンクが送られ来るので、クリックするとメンバーとして認証完了

3.http://www.fuji-x-forum.com/にアクセスし登録したユーザー名でサインインする。

4.fleckintosh氏のスレッドに移動→http://www.fuji-x-forum.com/topic/1631-capture-one-pro-8-film-simulations/

5.スレッドの投稿の中に上記8種類のダウンロードリンクがあるので全てダウンロードする。

6.Zipファイルを解凍するとiccプロファイル(.icc)ファイルが出て来るので、テンポラリのフォルダに集めておく。

7.別Finderを開いて、Machintosh HD/ライブラリ/ColorSync/Profiles フォルダにアクセス

8.上記.iccファイルを全てコピー(システムフォルダなのでパスワード認証あり)

9.CaptureOne8を立ち上げる

10.カラー機能のプロファイルをプルダウンし、Fuji > XT1をプルダウンするとフィルムシミュレーションが追加されている

 

という具合ですので皆さんもお楽しみください!

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す

Error: Access Token is not valid or has expired. Feed will not update.
This error message is only visible to WordPress admins

There's an issue with the Instagram Access Token that you are using. Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page.
If you continue to have an issue with your Access Token then please see this FAQ for more information.