スポンサードリンク

ニコン「一般撮影におけるD810Aの色再現」ガイド公開

Pocket
LINEで送る

昨日5月28日発売された天文撮影に対応するフルサイズ一眼レフカメラNikon D810Aシューティングガイドサイトに、「一般撮影におけるD810Aの色再現」という解説ページが掲載されました。

D810Aは、Hα線付近の赤い光に感度を持つため、赤い光を反射する被写体は、赤みが強くなったり肉眼と異なる色再現になったりすることがあります。

Via : Nikon D810A – 一般撮影におけるD810Aの色再現

サンプル画像を見ると(モニタの調整にもよりますが、私のMac一応i1Proで調整しています)一般撮影では、健康的な色味(^^;になって良い場合もありそうで。RAW現像によるホワイトバランス調整で十分以上に使えそうですね。

キヤノンも天文撮影用カメラを出すという噂もありますが、先発のD810Aはニコンならではのこのような対応ページでユーザーの心を掴んで欲しいですね。

グリニッジ天文台が選んだ 絶景天体写真

グリニッジ天文台が選んだ 絶景天体写真

16,285円(05/25 04:10時点)
発売日: 2014/03/12
Amazonの情報を掲載しています
メシエ天体ビジュアルガイド: 星雲・星団110個すべてを写真と星図で見せる

メシエ天体ビジュアルガイド: 星雲・星団110個すべてを写真と星図で見せる

中西 昭雄
2,592円(05/25 04:10時点)
発売日: 2014/08/19
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す