スポンサードリンク

KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8マイクロフォーサーズレンズのレビュー記事(43rumores)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

オーストラリア在住の写真家Lee Mullen氏が、昨年コーワーが発表したマイクロフォーサーズマウントの超広角レンズ、KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8をパナソニックGH4でのレビュー記事を公開しています。

I’m not a reviewer as such but more of a hands on professional and only had the lens for 2 days. I have taken it out to shoot mainly outdoor landscape shots.

Via : Kowa lenses tested on the GH4 (Guest post by Lee Mullen). | 43 Rumors

外観・使い勝手

  • レンズの造りはまるで戦車のよう
  • 本物の金属感
  • とてもスムースはフォーカシング操作が可能
  • T指標となるクリックレスのIRISリングがあることで動画撮影にも向いている
  • 日本の光学製品として期待していた通り、ずっしりとして重みと品質の高さを感じる
  • GH4にそのまま装着出来るのが良い(マイクロフォーサーズマウント)
  • 昔ながらのスクリュータイプのレンズフードや保護ケースが付属しているのも良い(日本仕様は別のフード)

画質

  • とてもクリーン
  • 樽型/陣笠型等の歪曲を感じ無い
  • 周辺でもシャープ
  • 多くの超光学レンズと同様に色収差は発生する、しかしKowaはそれを抑え込でおり、Tokina 11-16をMetabones Speedbooster経由て使った時と比較するとKowaの方が良好である
  • T3.0(f/2.8)でも、Kowaの方がTokinaよりシャープであり、より良い結果である

まとめ

  • Kowa Prominarはその外観通りの素性の良い性能を持つレンズと言える
  • 風景、HDR、イベント、西オーストラリアの広大な景色の写真、そして、動画撮影を行うプロフォトグラファーとして、マイクロフォーサーズ対応の超広角レンズとして本当に推奨出来る

ということで、マイクロフォーサーズレンズとしてF2.8の大口径と超広角を実現したコーワプロミナー8.5mm F2.8/T3.0レンズは歪曲の少なさが売りということで、風景写真家が推奨する素晴らしいレンズのようですね。

KOWA 興和光学 プロミナースペシャルコンテンツ

http://www.kowa-prominar.ne.jp/special/wide_lens/#item_1

“WELCOME” TO THE REAL WORLD 高精細マイクロフォーサーズ専用マウントカメラ対応 コーワ 超広角・単焦点レンズ

KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8はデジタルカメラグランプリ2015の金賞を受賞しているようですね。

muk camera service様の販売ページ

KOWA PROMINARレンズは横浜関内になるマウントアダプタとカメラ修理のお店、エムユーケイカメラサービスさんで取り扱われているようです。

新発売マイクロ・フォーサーズレンズ KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8の販売を開始しました。

Via : muk camera service:新発売 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 MFT プロミナー マイクロフォーサーズ・マニュアルフォーカス超広角単焦点レンズです。

 

KOWA プロモビデオ

KOWA PROMINARレンズの製造過程を見ることが出来ます。

プロミナーレンズの造りの良さは、このような丁寧な製造過程で実現されているんですね。

特に広角を愛するマイクロフォーサーズユーザーの方には気になるレンズですね!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す

Error: Access Token is not valid or has expired. Feed will not update.
This error message is only visible to WordPress admins

There's an issue with the Instagram Access Token that you are using. Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page.
If you continue to have an issue with your Access Token then please see this FAQ for more information.