スポンサードリンク

富士フイルムX-Pro2に関する予測(FR)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スペインのサイト dslrmagazineにCP+で富士フイルムのマネージャーのインタビューが行われ、その“行間”を読んだ予測が掲載されているということです。

Let’s be clear… this is not really a rumor, but the conclusions of the Spanish site dslrmagazine (google translation) after having had a talk with the Fuji Manager at the CP+ in Japan.

Via : “X-PRO2: Smaller than X-PRO1, HVF + X-TRANS evolution” (dslrmagazine’s conclusions after talk with Fuji Manager at CP+) | Fuji Rumors

  1. ハイブリッドビューファインダーについて
    • XF 35mmF2 の外観はLeica Summicron-M 50mmF2のようにコンパクトなサイズなのでハイブリッドビューファインダーに最適となる。
    • よってDSLRmagazineはX-Pro2にもハイブリッドビューファインダーが引き続き搭載されると予測
    • また富士フイルムのマネージャーいわく、多くのお客様hがX-PRO1のコンセプトを継承することを望んでいる。
  2. よりコンパクトに
    • マネージャーとの会話を終え、X-PRO2はまるでLeica CLのようなエレガンスかつ優れた操作性を持つという予測に至った
  3. 新X-TRANSセンサー
    • X-PRO2は、進化した(革新という程でも無い)X-TRANSセンサーが搭載されることになる

fujirumorsはこの情報を受け、ハイブリッドビューファインダーの搭載は必須、X-Transセンサーの“進化”は何なのか非常に興味がある。但し、より小型になるという点については疑問があるということです。

確かに、私もX-Pro1のあのサイズは写真を撮るのに快適なサイズだと感じます。

コンパクト化されるのではあれば、X-E3の方が適しているかもしれませんね。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す

Error: Access Token is not valid or has expired. Feed will not update.
This error message is only visible to WordPress admins

There's an issue with the Instagram Access Token that you are using. Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page.
If you continue to have an issue with your Access Token then please see this FAQ for more information.