スポンサードリンク

Canon EOS M2 ブロガーイベントレポート その4:プロモーションと伝えたいこと

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

キヤノンマーケティングジャパン様開催のEOS M2ブロガーイベントご報告最終回です
プロモーションについて、そして,ヤノン様がEOS M2を通じて伝えたいことを教えて頂きました。

■EOS M2 トリプルレンズキット

キヤノン様イチオシは、EF-Mレンズが全て付属するトリプルレンズキット

EOS M2 Touch and Try

EF-Mレンズの全てを味わって欲しい。
マウントアダプターも付いているので、EFレンズユーザーにもなって欲しい。

■プロモーションについて

「時は、止められる。」

 

コミュニケーションパートナーとして、新垣結衣さんを起用

 

12月16日からCM「Eternal Moment」がスタートしていますが、映像に使われた楽曲を提供した竹原ピストルさんの公式YouTubeにそのCM映像がアップされています。

 

少し暗いCoolな色合いにカラーコレクションされた不思議な雰囲気、そして、新垣結衣さんが水滴と共に演出されている世界も印象的です。

キヤノン様いわく、女子カメラの方々には水滴撮影が流行っているということですので、新垣ファンの方のみならず、そんな水滴女子な方にもこれは見逃せないCMですね!;;;^^)

 

■キャンペーンについて

「写真の旅へ。」 期間は発売の12月20日〜2014年3月16日
レンズなどを購入するきっかけは「旅」であることが多い

全員にEOS M2ロゴが刻印された、トラベラーズノートを進呈

抽選で、20名様に土屋鞄製作所のボストンバッグを進呈

土屋鞄製作所の同等品は7万円〜8万円の価格

カバンの中身を開いて頂きましたが、レザーの柔らかさと肌触りをダイレクトに感じ取ることが出来る、これは欲しくなる逸品でした。

 

■最後にキヤノン様が伝えたいこと

写真の技術は撮りながら勉強することで少しずつ上がって行く。

はじめのうちは偶然に良い写真が撮れていたのが、技術を習得するに従ってそれが必然化して行くことになる

技術が向上し、知識が増えて行くと、次に何を買うべきかということが判って来るようになる

入り口であるエントリクラスであるからこそ、次に繋がるカメラを購入して頂きたい

 

入門用だからこそ、将来を見据えてカメラ選びをして欲しいというメッセージは確かにその通りだと思いました。

ということで、プレゼンテーションの後、いよいよタッチ&トライに進みました。

その模樣はこちらのブログにアップしています。

 

以上でEOS M2のブロガーイベントのご報告は終了です。

 

先代モデルEOS Mのイベントでは、20代〜20代の若い女性と、写真に拘るEOSユーザーという両極端な2つのユーザーをターゲットにしたというお話がありましたが、今回のEOS M2のプロモーションを見る特にクリエイティブかつカジュアルなユーザー層に絞り込んで来られているように感じました。

そういう意味では、もし開発陣の中に女性の方がいらっしゃるとすれば、是非お話をお伺いしたいですね!(^^;

 

今回、EOS M2で一番印象的だったのが 、先代に指摘されていたAFだけを改善したのでは無く、一瞬同じデザインに見えるカメラなのに、中身も外装も殆ど全てをリニューアルして来たということです。

キヤノンはミラーレスカメラに本当に本気を出しているのか?という話を良く聞きますが、EOS M2に限って言えば、たった1年で全てを刷新する程のリソースをつぎ込んでいるわけですから、絶対本気で取り組まれている筈です。今後もEOS MとEF-Mレンズは確実に進化して行くことを確信しました。

今回、貴重なブロガーイベントに招待して頂きました、キヤノンマーケティングジャパン株式会社様、素晴らしいイベントを運営して頂いた、アジャイルメディア・ネットワーク様に感謝いたします。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す

Error: Access Token is not valid or has expired. Feed will not update.
This error message is only visible to WordPress admins

There's an issue with the Instagram Access Token that you are using. Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page.
If you continue to have an issue with your Access Token then please see this FAQ for more information.