スポンサードリンク

【追記】オリンパスが2013年CESでプロ向け動画/静止画ハイブリッドカメラを発表か?(43rumors)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

43rumorsの知り合いという方から、オリンパスは2013年のCESショーで、プロフェッショナル向けビデオ/静止画ハイブリッドカメラを発表することになるという情報が得られたそうです。

A person I know heard from his sources that Olympus will announce a professional video&still hybrid camera at the CES show in January 2013.

Via : (FT2) Hybrid video and still Olympus Micro Four Thirds camera coming at CES 2013 (in January) | 43 Rumors

但し、この情報についての確度はFT2(確度21%~40%)とかなり低めの値となっているので、現時点では話し半分以下。

カムコーダー市場では知名度が低いオリンパスですから、そこに進出するには様々な投資が必要かもしれませんが、身内としてはパナソニック GH3に対抗するようなマイクロフォーサーズ機の投入ということになるのでしょうか?

ただ、ソニーとの提携次第では、可能性もあるかもしれませんね。

【追記】コメント欄で、オリンパスのオクタビジョンに関するご指摘がありましたので記事に追加しました。

“4K”というキーワードが未だ一般的では無い2002年に、オリンパスは何と200万画素センサー4枚を使った「800万画素の超高精細デジタル動画カメラ」を試作していたようです。
しかも、ディスプレイまで開発していたということで、シネマ市場も視野に入れていたようです。

そして2004年にオリンパスは800万画素デジタル動画カメラ「SH-880TM」とハードディスクレコーダー「SH-880TR」を発表!
何と、バッテリー駆動を可能にしたHDDレコーダーは、カメラ側と光ファイバーケーブルで接続されるという超先進的な仕様となっていたようです。

そして、渋谷に「オリンパス高精細シアター」まで開設という、この時点でも超本気モードで市場参入を進めていたようです。

で、調べて見ると、2006年くらいからこのカメラを“オクタビジョン”というキーワードで出てくるようになり、2007年時点でも事例が紹介されているようですが、その後情報が得られなくなっていました。

映像身体学科では「4k技術」をベースに今、次世代映像コンテンツの開発に取り組んでいます。2007年には、オリンパス社製の4kカメラシステム「オクタビジョン」を用いて、約20分の4kコンテンツ『Rの風景』を制作しました。

Via : asahi.com:広告特集:立教大学

ちょうどその頃、RED ONEのニュースが話題になり始め、4Kカメラも認知されて行きましたので、オリンパスある意味早すぎる“投資”ということだったのでしょうか・・・・

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

2 thoughts on “【追記】オリンパスが2013年CESでプロ向け動画/静止画ハイブリッドカメラを発表か?(43rumors)

  • 2012年12月7日 at 12:12 AM
    Permalink

    オリンパスのオクタビジョンを忘れていないですか?

    Reply
    • 2012年12月7日 at 2:27 AM
      Permalink

      コメントありがとうございます。
      “知名度が低い”と書かせて頂いたのは、決して参入はしていないという意味もありましたし、“投資”という意味としては、4K参入検討?時それなりに投資されていたという意味もありました。
      確かに記事としてはその辺、もう少し突っ込んだ方が良かったかもしれませんね。
      せっかくなので、今から追記させて下さいm(_._)m

      Reply

コメントを残す

Error: Access Token is not valid or has expired. Feed will not update.
This error message is only visible to WordPress admins

There's an issue with the Instagram Access Token that you are using. Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page.
If you continue to have an issue with your Access Token then please see this FAQ for more information.