スポンサードリンク

ライカ M MONOCHROM レビューと作例記事M9-Pとの比較も(デジカメWatch)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

8月25日の発売が決定した、ライカのフルサイズレンジファインダーモノクロ専用カメラ、Leica M Monochrom のデジカメWatch 藤井智弘氏のレビュー記事がップされています

■外観、デザイン

  • M9、M9-Pのブラックは、ブラックペイントなのに対し、Mモノクロームはブラッククロームメッキ
  • シボ革はM9ブラックとM9-Pがヴァルカナイトなのに対し、Mモノクロームはソフトな感触の素材
  • どこにも「Leica」のロゴがない。無記名の真っ黒いカメラ
  • ライカを持っている、あるいはカメラを持っている、ということを周囲に目立たせない仕上がり
  • 極めてステルス性の高いカメラといえる。

■使い勝手

  • 撮影している感覚は、ライカM9と大差ない
  • フィルムのM型ライカにISO400のモノクロフィルムを入れて撮影している感覚に近い
  • 液晶モニターが2.5型の23万ドットだが特に不満と感じることはなかった
  • サファイアガラスなので、キズがつく心配が少ないのがありがたい

■画質

  • 鮮鋭度の高さにお世辞抜きで驚いた
  • 解像感はM9/M9-Pを上回っている。
  • 被写体の質感再現の高さは、1,800万画素以上を感じさせる
  • ISO1600でも常用でき、ISO3200や6400でも実用
  • ISO800を過ぎたあたりからノイズは出てくるが、高感度として違和感のない仕上がりで、フィルムの粒子にもどことなく似た印象
  • MモノクロームのJPEGはとても実用性が高い
  • ハイライトからシャドーまでのトーン再現も良好
  • 適度なコントラスト
  • RAWはややメリハリに欠ける

■まとめ

  • 35mmフルサイズ機の中では個性派ナンバーワン
  • 一度使うと病みつきになるほどの魅力(もしくは魔力)を持っているカメラ
  • ベース感度がISO320と高い点が気になる、、NDフィルターが欲しくなる

■ライカ アポ・ズミクロンM f2.0/50mm ASPH.

  • フードの長さは物足りない
  • コンパクトでM MONOCROMによく似合う
  • 描写性能は、絞りを開けても絞っても画面隅々まで安定
  • ボケは柔らかく、被写体の形を崩さない
  • さすが値段だけのことはある写り
  • ライカMモノクロームの高解像力を存分に引き出せるレンズ
  • 「究極の50mm」

■ライカM9-Pとの比較

  • Mモノクロームの方がさらに鮮鋭度が高い

やはり、モノクロ専用センサーは素晴らしい描写が得られるようですね。

ライカ意外でも同様のコンセプトのカメラが現れてほしいです。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す

Error: Access Token is not valid or has expired. Feed will not update.
This error message is only visible to WordPress admins

There's an issue with the Instagram Access Token that you are using. Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page.
If you continue to have an issue with your Access Token then please see this FAQ for more information.