スポンサードリンク

FujiFilm X100のQAページが追加

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

富士フイルムのX100公式サイトにQAが掲載されているようです。

Made in Japanの表記はどこにあるのか?
 ⇒後部にエッチングされている

X100のブラックはモデルは?
 ⇒計画に無い、もし沢山リクエストがあるようなら考慮する

X100の電源は?
 ⇒NP-95リチウムイオンバッテリー 富士フィルムReal3D W1などにも使われている

皮革が使われているのか?人工皮革なのか?
 ⇒人工皮革。丈夫で実用的

◆フジノンレンズ

X100は何故レンズ交換出来ないのか?
 ⇒X100にとって画質が最優先、光路とセンサー位置などが最適化出来る、デザイナーからすれば小型化出来るのが理由

手ぶれ補正は装備されるのか?
 ⇒X100はF2という明るいレンズを持っているので、撮影者は低照度の手持ちでも必要無い筈。

フィルタは装着出来るか?
 ⇒出来る、オプションで49mmねじ込み式フィルタアダプタによって可能になる。アダプタはレンズ周りの金属環を外すことで装着出来る。フードも同様の方法で装着出来る

◆APS-C CMOS イメージセンサー & EXR プロセッサー

何故フルサイズじゃないのか?
 ⇒フルサイズセンサーを使うと大きくなる、APS-Cがサイズと画質のベストバランス

ISOレンジは
 ⇒標準設定で、ISO 200から6400、拡張モードでISO 100から12800

何故、富士はEXRセンサーを選択しなかったのか?
⇒EXRセンサーは小型センサーが必要なコンパクトロングズーム用でデザインされている。
設計者はX100は画質最優先で考慮した結果APS-Cを選択、またフジノンレンズに完全にマッチするセンサーはAPS-C

◆ハイブリッドビューファインダー

AFポイントはファインダー内に表示されるか?
 ⇒はい、AFポイントは選択可能、

X100はレンジファインダーカメラなのか?
 ⇒X100はレンジファインダーカメラでは無い

◆機能

動画の仕様は?
 ⇒1280 x 720 24fps、ステレオサウンド、絞り優先AEが使用出来る

x100は無線リモコンが使える?
 ⇒いいえ、シャッターレリーズはメカニカルシャッター

電源OFFで設定は保持できるのか?
 ⇒はい、撮影モード、測光パターン、ホワイトバランスも必要なら引き継がれる

トップのシャッタースピードダイアル表記では1/4が一番遅いがそれより遅く接敵出来るか?
 ⇒“T”モードで可能、30秒まで1/3EVステップ

背面液晶をOFFに出来る?
 ⇒出来る

シャッターラグは?
 ⇒約0.01秒

防塵防滴?
 ⇒いいえ、ただレンズ交換が出来ないので、注意さえすればチリがセンサーまで届くのはまれと思われる。

シンクスピードは?
 ⇒かなり高速になる筈だが、まだ決定していない

フィルムシミュレーションは?
 ⇒ある、 PROVIA, Velvia, ASTIA 、モノクロ

内蔵NDフィルタは?
 ⇒3段分のNDフィルタが内蔵、必要に応じでON出来る

◆アクセサリーと価格

X100の価格は?
 ⇒未定

どんなアクセサリーがあるか
 ⇒メタルレンズフードは標準添付、高級レザーケース、アダプタリング、交換バッテリー、フラッシュなど準備される。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す

Error: Access Token is not valid or has expired. Feed will not update.
This error message is only visible to WordPress admins

There's an issue with the Instagram Access Token that you are using. Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page.
If you continue to have an issue with your Access Token then please see this FAQ for more information.