キヤノン「ミラーレスカメラ“EOS M”」ブロガー発表会レポ4 #EOSM のユーザー像と戦略について

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

■ EOS Mの導入概要

北村様 プレゼンテーション

■EOSMのユーザー像とコンセプトについて

メインターゲット 20代~30代のカメラに目覚めたエントリーユーザー⇒ 日常カメラを持ち歩きながら気軽に撮影

EOSユーザーをもともと使っている人 ⇒ EFレンズが共用出来るサブカメラとしての需要

20代~30代ユーザーの深堀

 

画質が良いことが条件となるが、その中でもぼけ味への要求が高い大きいことが特徴である。

特に、ミラーレスを購入する方は、一眼レフ購入者より、ぼけ味を重視する割合が非常に高いという調査結果がある。

 

ミラーレスを購入されたお客様の約6割が交換レンズの購入を検討している

 

写真の美しさを決める要素は、センサーサイズの大きさレンズである

一眼レフど同サイズのセンサーであること、60種類を超えるレンズが使えることで、キヤノンのミラーレスカメラで圧倒的な違いを体験していただけると考えている。

 

■EOS M キット構成

はじめてEOSを購入するユーザーを想定 ⇒ ダブルレンズキット

標準ズームレンズとパンケーキレンズ マウントアダプタ スピードライトの全てがオールインワンでキットになっている。

マウントアダプターをキットに含めるのは、初めてのユーザーの方にも60種類のレンズにも手を出して欲しいという戦略

その他、2つのキットとボディ単体での販売にも対応する

 

■EOS M による特別講座「ミラーレス EOS スクール」の開設

良い写真をとるためには、カメラやレンズだけで無く、写真や撮影に関する知識や技術も大切

 

キヤノンはEOS学園やキヤノンフォトサークルを開設していたが、 これらののサービスは、これまでコンパクトデジタルカメラユーザーの方にとっては、敷居が高いイメージがあった。
今回コンパクトカメラユーザーがステップアップしやすい商品を投入することをきっかけとして、新しくEOS Mを使った特別のステップアップコースを新設する。

 

これを通じて写真の面白さを築いていただけることを望んでいる。

 

■EOS M スペシャルサイトを解説

ソーシャルカタログというコンセプト

是非訪問して欲しい

 

 

以上で、キヤノン様のプレゼンテーションも終了。

次は待望のEOS M タッチ&トライです。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す