スポンサードリンク

アクションカメラはこれまでソニー派だったんですがとうとうGoProを買ってしまった

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

これまで、アクションカメラというと日本のSONYということで2代にわたり(FDR-X1000と、FDR-X3000)使っており、あえてGoProから距離を取っておりましたが、今回こちらのプロジェクト(^^;で使うアクションカメラとしてGoPro HERO 6 Blackを購入しました。

GoPro6

もう今更感がありますので、開封は省略させて頂きます^^)

GoPro6

また、アクションカメラには予備として純正バッテリーが必須でなのですが、今回は金欠(^^;ということもありサードパーティ製を購入してみました。

便利な3連チャージャーで、TELESINというメーカーの、TELESIN GoPro Hero 6/Hero 5用収納ボックス式 3ポートUSB充電器+2 交換バッテリー です。

GoPro6

HERO6に付いているバッテリーを合計して3個を同時に?連続して?充電することが可能です。

GoPro6

それより便利そうなのが、蓋付きですので充電が終わったらこのまますぐに持ち出し、バッテリー交換時も順番を決めておけば管理が簡単ということです。

GoPro6

早速充電開始

GoPro6

充電中はLEDが赤く点灯し、充電が完了するといグリーンで点灯します。
3個がそれぞれ一応管理されて充電されているようで、安心しました(^^;

GoPro6

で、GoProは初めてなので、実際どのくらいバッテリーが持つのか、フル充電のこのサードパーティバッテリーで実際にバッテリーが切れるまで連続撮影してみました。

4K/60p Protune、ワイド、安定化ON、GPSオン、Wi-Fiオン、Bluetoothオン、リアスクリーンはOFFにせずというバッテリーには厳しい条件です。

バッテリー低下のワーニングが出るまで47分ちょい、、、

GoPro6

約50分くらいで終了。
microSDXCはSanDiskのU1でので4K60pでは読み込み速度で心配していましたが最後まで停止すること無く撮影出来たで良かったです。
それよりも本体がめちゃめちゃ熱くなるポイントがあり(事実ずっと触れないくらい)、ちょっとビビってしまうくらいでしたが、熱によるシャットダウンが発生しなかったのも良かったです。
この発熱ポイントは前面だったのでバイク等の装着した場合は空冷されるでしょうから、これほど熱くはならないとは思いますが。。。

で、個人的には4K撮影はしないこと、また、バイクの撮影では30分連続で撮影出来ればOKですので、安心しました。。。。

ということで、実際に撮影した結果は → こちら

SONY FDR-X3000との比較等の感想まとめ記事は → こちら



Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ
楽天トラベル

One thought on “アクションカメラはこれまでソニー派だったんですがとうとうGoProを買ってしまった

コメントを残す