スポンサードリンク

DPReviewが選ぶ2017年ベストバイカメラ($500以下部門)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

年末恒例のDPReview今年のバイヤーズ・ガイドが掲載されました。
まず500ドル以下のエントリークラスでの2017年のベストバイに選出されたのはどのカメラなのでしょうか?

 

ウィナーは Canon EOS M100

Canon EOS M100

選考理由

  • 軽量でコンパクトながら他のキヤノンのカメラと同じデュアルピクセルAF登載の2400万画素センサーが登載されている。
  • タッチスクリーンの可動液晶によってAFポイントが簡単に洗濯出来、かつデュアルピクセルAFは動体捕捉性能に優れている。
  • 4K動画撮影機能は登載されておらず、物理的なコントロール系も少なく上級者が好む復数ダイアルでは無くシングルダイアルであることには不満があるかもしれないが、M100は携帯性と良好な画質を併せ持っていることから幅広いフォトグラファーの選択に値する。

 

今年エントリーされた各機種の評価

Canon EOS M100

  • お気に入りのポイント
    • JPEGでの色再現性が素晴らしい
    • Dual Pixel AF による高速なAFと動体追従性能
    • とても小型、使い易い
    • Wi-Fiが登載されていること
  • 好ましく無いポイント
    • USB充電機能が登載されていない
    • 低照度で迷うAF
    • 純正レンズの選択肢が少ない

Canon EOS Rebel T6(EOS Kiss X80)

  • お気に入りのポイント
    • 撮って出しでの良好な画質
    • 操作が簡単
    • Wi-Fi と NFC による迅速な画像共有
  • 好ましく無いポイント
    • 1800万画素は同クラスで劣る
    • 旧式で簡素な9点AFシステム
    • 例えばタッチスクリーンのような幾つかの便利な機能が登載されていない

Fujifilm X-A3

  • お気に入りのポイント
    • RAWでの画質が素晴らしい
    • ツインコントロールダイアル
    • ティルトLCD
    • バッテリーライフが素晴らしく良い
  • 好ましく無いポイント
    • 貧弱なAF性能、特に動体には不向き
    • 全体的に煩雑な操作系
    • 野外では見難いLCD

Fujifilm X-A10

  • お気に入りのポイント
    • ツインコントロールダイアル
    • ティルトLCD
    • 素晴らしい画質
    • バッテリーライフが素晴らしく良い
  • 好ましく無いポイント
    • ややプラスチッキーな造り
    • タッチスクリーンが登載されていない
    • 貧弱なAF

Nikon 1 J5

  • お気に入りのポイント
    • コンパクトなサイズで良好な操作性
    • ブラックアウト無しえのAF追従20コマ/秒の連写
    • ツインコントロールダイアル
  • 好ましく無いポイント
    • 競合より小さいイメージセンサー
    • JPEG出力ではノイズリダクションによってディテールが損失している
    • 貧弱なバッテリーライフ

Nikon D3400

  • お気に入りのポイント
    • 低照度では同クラスで最良の画質
    • RAWでは素晴らしいダイナミックレンジを引き出せる
    • Bluetooth LE 接続
  • 好ましく無いポイント
    • Wi-Fiが登載されていない(Bluetoothのみ)
    • シングルコントロールダイアル
    • 固定LCDでタッチ非搭載

Olympus PEN E-PL8

  • お気に入りのポイント
    • 全てのレンズで動作する3軸ボディ内手ぶれ補正に
    • 多くのカスタマイズ設定が可能
    • Wi-Fi登載
  • 好ましく無いポイント
    • トップ部にダイアルが1つしか無い
    • コンパクトカメラに似ている操作フィーリング、ミラーレスカメラでは無い

Panasonic Lumix DMC-GX850(DC-GF9)

  • お気に入りのポイント
    • 素晴らしいタッチインタフェース
    • かなりコンパクト
    • 高速かつ正確なAF
  • 好ましく無いポイント
    • 撮って出しのJPEG画質はより良くすべき
    • ボディ内手ぶれ補正が無い
    • ファインダーが無い

Sony α5100

  • お気に入りのポイント
    • 2400万画素APS-Cセンサーはこのクラスでベストの1つ
    • 良好なAF性能、ビデオでも効果的
    • Wi-Fi 及び NFC
  • 好ましく無いポイント
    • コントロールダイアルが1つしかない
    • カメラ内RAW現像機能が無い
    • タッチスクリーンの機能が限定されている

Sony α6000

  • お気に入りのポイント
    • 良好な画質
    • AF速度はこのクラスで最速の部類
    • 画質での素晴らしい画質と印象的なAF性能
  • 好ましく無いポイント
    • タッチスクリーンが非搭載
    • EVFが平均的な解像度
    • プラスチッキーで、堅牢感が無いボディ

YI M1

  • お気に入りのポイント
    • RAWでは素晴らしいダイナミックレンジ
    • タッチスクリーンによるインタフェース
    • Wi-Fi 及び Bluetooth LE 登載
    • FullHDビデオの画質が良い
  • 好ましく無いポイント
    • 平凡なAF性能
    • 最小限のカメラコントロール
    • 固定LCD
    • 4Kビデオの画質が貧弱

いかがでしょうか?

確かに500ドル以下でデュアルピクセルAFセンサーを登載しているのはお買い得という感じがします。
4Kが登載されていないのは残念ですが、現状ではファイルサイズのこともありFullHDで撮影していることが多いので、このクラスでは現実的だと思います。
個人的にはUSB充電が登載されていないことが残念ですが、それ以上に魅力的な部分が多いカメラですね!
また、この中ではSONY α6100やNikon D3400もお買い得だと思います。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ
楽天トラベル

One thought on “DPReviewが選ぶ2017年ベストバイカメラ($500以下部門)

コメントを残す