スポンサードリンク

最新360度カメラ Insta360 ONE vs RICOH THETA V どっちが魅力的?(LIFE in 360):訂正あり

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

360度カメラのレビュー動画を公開しているLIFE in 360が、先日発表されたばかりの2台の360度カメラ、Insta360 ONEと、RICOH Theta Vのスペック比較動画を公開しています。

いずれの会社も360度カメラの黎明期から製品をリリースしている会社ということで注目の対決となります。

但し現時点で両方とも発売前ということですので、実際の比較は後になるということですが、私も気になっているこの2台、まずはスペックとしてどちらがより魅力的なのでしょうか?

静止画 Insta360 Oneの勝利

  • Insta 6912×3456(RAW)
    • 現時点での360度カメラの平均的な解像度より高い
    • RAW撮影が出来るのも良い
  • Theta 5376 x 2688
    • Theta Sと同じ解像度
    • これまでの2年間では十分な解像度だったが、SNSはより進化しており、カメラ側がそれに追従して進化しないのは寂しい(この動画ではRAW対応の絵となっていますが、発売時点ではRAW撮影に対応していません)

レンズ RICOH Theta Vの勝ち

  • Insta360  F2.2
  • Theta  F2.0
    • 暗所では静止画も動画もTheataは360度のカメラで最も見栄えが良い

動画解像度  引き分け

  • Insta360 3840 x 1920
  • Theta 3840 x 1920

手ブレ補正 Insta360 Oneの勝ち

  • Insta360 6軸手ブレ補正でThetaを圧倒している
  • Theta ジャイロセンサー

記録メモリ Insta360 Oneの勝ち

  • Insta360 最大125GBのmicroSDに対応
  • Theta 内蔵19GB
    • 前モデルでは8GBから強化されたがそれでも本当に本当にがっかりしている
    • 4Kで撮影する場合60分しかもたない、その都度ファイルをアップロードし削除するのはかなるフラストレーションが溜まる
    • 4K動画を搭載した意味が無い、せめて32GBであれば我慢出来たが360度動画の撮影を中心とする人には向かない

ライブストリーミング 引き分け

  • Insta360 4Kライブストリーミング
  • Theta 4Kライブストリーミング

音声記録 RICOH Theta Vの勝ち

  • Theta 360度空間音声、マイクロフォンジャック、オプションのTA-1 3Dマイクロフォン

スマホアプリ  Insta360 Oneの方が可能性を感じる

  • Insta360にはフリーショット(被写体追従)機能が搭載されている

静止画サンプル RICOH Theta Vの方が良い

  • Insta360
    • 現在公開されいるサンプルイメージを見るとスティッチラインが目立つ
    • 大きく乱れるステッチ処理が大きな問題であると感じている
    • SNS用途であれば十分な解像度
    • 暗所でのカラーグレーディングは意外に良い
  • THeta V
    • ズームするとややソフト、強い光源下では色収差が発生しているが許容範囲
    • 素晴らしいソーシャルメディアカメラである
    • プロのカメラに搭載されているHDR機能でダイナミックレンジを拡張することが出来る

動画サンプル 激しいスポーツならInsta360 ONE

  • Insta360
    • エクストリームスポーツのビデオをSNSで共有出来ることは素晴らしい
    • 画質はそれほそシャープでは無いが、ダイナミックレンジや色再現性について楽しむことが出来た
  • Theta
    • ズームするとかなりソフトであるが、Theta Sよりかなり改善されている

価格 Insta360 ONEの勝ち

  • Insta360 実売$299
  • Theta V 実売$429

現時点での選択  Insta360 One

  • 論理的に選択すると Insta360 Oneとなるが、Theata Vを買ってもがっかりすることは無い

 

追記

  • Androidユーザーの場合
    • ThetaはIphoneとAndoidに対応する。
    • Insta360は現時点でIphoneのみでAndroidバージョンは年末になる
      • 接続ポートが個別なので両方に対応することは出来ない。
    • AndroidユーザーはXIAOMI MIJA MI SPHREを検討すべき。
  • 発売日(海外)
    • Insta360 One 9月5日
    • Ricoh Theta V 9月24日

最後に、、、

  • Insta360 OneとTheta Vという名称は、XIAOMI MIJA MI SPHREやGarmin VIRB 360より遥かに読みやすい:-)

 

ということでいかがでしょうか?

日本での実売価格では、Insta360 ONEの実売価格は海外より高くなっているようで約4.3万円ですがそれでもRICOH Theta V(現時点で)の5.1万円よりは安価に手に入れることができそうです。

 

加えて私も2つのカメラ比較してみました

動画撮影時間 は引き分け

  • Insta360は固定バッテリで80分
  • Thetaは固定バッテリで70分

重量やサイズは Insta360の方が軽量で小型 

  • Insta360は82g
  • ThetaVは121g

ライブストリーミングは ThetaVが単体で可能

  • Theta VはWiFiで単体接続が可能
  • Insta360はWiFiが非搭載でスマホ接続が必要

【訂正】ライブストリーミングはInsta360 Oneの方が簡単かも

Twitterで、Rさん経由でご指摘を頂きました。ありがとうございます。

  • Theata Vのスペックを見ると、ライブストリーミングはUSB接続が前提となっています
  • ThetaV ライブストリーミング
  • Theta SもライブストリーミングはUSB接続でした

ライブストリーミングモードでは、映像再生にMedia Player Classicなどのアプリケーションを使用します。そのとき、魚眼レンズで写した様な状態で、前後のレンズの画像が2つ並んで表示されます。このアプリをインストールすれば、USB接続でライブストリーミングモードを利用した場合に、前後のレンズの画像を合成し、パノラマ状態で1つの画像として表示しま
Via : RICOH THETA S – 使用説明書

  • ThetaライブストリーミングアプリMedia Player ClassicはWindowsでした。こちら
  • 但し、USB→Androidでのライブストリーミングは可能なようです。
    こちらのブログの記事を参照しています。

 

  • Insta 360はiPhoneに接続し、アプリ経由でライブストリーミングが可能。
  • Insta360のライブストリーミングアプリの説明動画はこちら

Insta360はLOG撮影が可能なのも良い

Insta360はバレットタイム撮影が可能なことが素晴らしい

 

ということで、おおざっぱに纏めると、エクストリームスポーツやモータースポーツならInsta360 One、定点撮影ならRICOH Theta Vといったかんじでしょうか?

皆さんはどちらが欲しいですか?

XIAOMI MIJAやGARMIN VIRB360も気になりますね(^^;

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

2 thoughts on “最新360度カメラ Insta360 ONE vs RICOH THETA V どっちが魅力的?(LIFE in 360):訂正あり

コメントを残す