スポンサードリンク

富士フイルムXF18-135mmとXF27mmレンズの新バージョンはフィリピン製に、今後は全てのXFレンズも?(FR)

Pocket
LINEで送る

先日、XF18-135とXF27レンズに関して、新バージョンが存在するという情報がありましたが、その続報をfujirumorsが掲載しました。
Xマウントレンズ(おそらく全てのXマウントレンズ)の製造拠点がフィリピンに移動するということがその理由らしいです。

Well… I have an update for you, that could explain why all these “new versions” pop up on stores.
Via : Good Bye Made In Japan: Fujinon X-Lens Production Moving To Philippines. New Product Number Reason for “NEW” 18-135 and 27 – Fuji Rumors

・読者の方がフィリピン製XF27mmの写真を送って来た。
・このようにFUJIFILMが製造拠点の変更に伴い製品番号を変更したことから、ショップ側は“新製品”扱いとしたと考えられる。
・スペインのあるストアは、XF27mm II “PH”と記してフィリピン製であることを示している。
・2013年にFUJIFILMはフィリピンにレンズ工場を設立したことを公示している。
・27mm, 18-135mm, XCレンズ、及びX-M1は既に中国やタイランドで製造していたが、これまで日本製であったXFレンズもフィリピンで製造するという話である。

こちらは、fujirumorsが掲載したスペインのショップの販売ページのスクリーンショット

こちらはフィリピン工場設立のプレスリリースページに掲載されていた画像

FUJIFILMは厳しい品質基準を持ち、更にフィリピンの工場は最新鋭の設備ということでしょうから、製造拠点が移動したとしてもこれまでの品質は変わらないと思います。

ただ、昔から他のメーカーでも製造国に関しては同じような話はあり、今回も一部のマニアの方にとってはMade in Japanが付けられているか否かはとても気になることだと思います。

ということで、今Made in JapanのXFレンズを愛用されている方は更にそのレンズに愛着を感じられることになると思います。
また、FUJIFILMのXFレンズを検討されている方は、この情報が本当だとすれば、気になるレンズはお早めに、、、、

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

2 thoughts on “富士フイルムXF18-135mmとXF27mmレンズの新バージョンはフィリピン製に、今後は全てのXFレンズも?(FR)

  • 2017年6月22日 at 9:23 AM
    Permalink

    個人的には品質が担保されるなら、どこの国で製造された製品でもこだわりはないですね。ただ、カメラ本体を海外生産にシフトした際、新製品の初期不良が増えた気がします。本体ではなくてレンズの場合、どうなるのでしょうか。

    Reply
    • 2017年6月24日 at 8:13 AM
      Permalink

      キヤノンがレンズ製造の完全自動化を目指すという記事がありましたが、もしそうなれば更に場所は関係無いのかもしれませんね。

      Reply

コメントを残す