スポンサードリンク

富士フイルム “チェキスクエア” instax SQUARE SQ10 を発表「あなたのクリエイティビティを解放する」

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Fujifilmがデジタル+チェキプリントのハイブリッドインスタントカメラ「instax SQUARE SQ10」を発表しました。

発売日は2017年5月19日発売でオープン価格ですが、店頭価格は3万1800円前後ということです。(実売価格情報はこちら

チェキプリンタ内蔵のデジタルカメラで、instaxチェキシリーズ初のスクエアフォーマットのプリント出力が可能ということです。

製品情報ページ

スペック

  • カメラ機能
    • 撮像素子 1/4型CMOS
    • 記録画素数 1920×1920ピクセル
    • レンズ焦点距離 28.5mm固定(35mmフイルム換算) 絞り F2.4
    • 撮影可能距離 10cm~∞
    • 測光方式 TTL256分割測光、マルチ測光
    • 撮影感度 ISO 100~1600(自動切換)
    • シャッタースピード 1/29500秒~1/2秒(自動切換)、バルブモード最大10秒
    • オートフォーカス シングルAF(TTLコントラストAF、AF補助光付)
    • 内蔵メモリー:約50枚
    • メモリーカード、microSD/microSDHCメモリーカード
  • フラッシュ内蔵 約50cm~8m
  • プリント機能
    • 富士フイルム インスタントフイルム instax SQUARE
    • フイルム枚数 10枚/パック
    • フイルムサイズ 86mm×72mm 画面サイズ 62mm×62mm
    • プリント解像度 800×800ドット 12.5ドット/mm(318dpi、80μmドットピッチ)
    • プリント出力時間 約12秒
    • プリント時 デジタルズーム2.4倍まで
    • バッテリープリント可能枚数 約160枚(フル充電から)
  • 3.0型TFTカラー液晶モニター 約46万ドット
  • 入出力端子 マイクロUSB(充電専用)
  • バッテリー NP-50
  • サイズ 119mm×47mm×127mm(W×D×H)
  • 重量 450g(フイルムパック、バッテリーを含む)

プロモーションビデオ・プロダクトビデオ

ファッションモデルであり、DJであり、フォトグラファーとしても活躍されている、ヘレンナ・クリステンセンさんを起用したプロモーションビデオ

プロモーションビデオのメイキングシーン

instax SQUARE SQ10 特長紹介MOVIE「HANDS」

instax SQUARE SQ10 「TANGIBLE PHOTOGRAPHY」

スペシャルコンテンツページ

各メディアの記事

富士フイルムは4月19日、インスタントカメラ「チェキ」の最新製品として、アスペクト比1:1のスクエアフォーマットを採用する「instax SQUARE SQ10」を発表した。5月19日発売予定で、予想実売価格は3万2000円前後。  同時に「instax SQUARE Film」も発表。10枚入りでは予想実売価格は1350円前後だ。
Via : ASCII.jp:イマドキの写真は1:1が基本!? スクエア写真が撮れるチェキ登場!

これまでのinstaxシリーズのカメラと異なり、本体に1/4型CMOSイメージセンサーと3型液晶モニターを搭載。本体に装填したスクエアフォーマットフィルム「instax SQUARE Film」に対し、撮像したデジタル画像をプリントできる。
Via : 富士フイルム、チェキプリンター内蔵デジカメ「instax SQUARE SQ10」 – デジカメ Watch

instax SQUARE SQ10は、初めてデジタルイメージセンサーとデジタル画像処理技術を搭載したモデル。自動露出調整、人物検出、オートフォーカス機能により暗い場所での明暗調整が可能。10cmの距離からの撮影も簡単に行える。
Via : 富士フイルムの「チェキ」に初のデジタルイメージセンサー搭載モデル | マイナビニュース

チェキとしては18年ぶりのフォーマット追加となる正方形という画角については、「現在はInstagramなどで若いユーザーに利用されているが、実は90年前のローライフレックスやハッセルブラッドから高い支持を集めてきた画角」と、若年層だけでなく、写真にこだわるユーザーにも評価が高かったとした。
Via : スクエア写真・フィルター搭載の“チェキ”「instax SQUARE SQ10」、5月19日発売 – ケータイ Watch

富士フイルムが、”チェキ”の愛称で知られる「インスタックス(instax)」シリーズの新作モデル「instax SQUARE SQ10(インスタックス スクエア エスキューテン)」を発表した。新作ではシリーズ初となるデジタルイメージセンサーとデジタル画像処理技術を搭載。発売日は5月19日を予定している。
Via : 新チェキはデジタル技術を初搭載 スクエアフォーマットも採用 | Fashionsnap.com

instaxシリーズで初めてデジタルイメージセンサーとデジタル画像処理技術を搭載し、写真画質の大幅な向上およびプリント出力前の画像編集・加工を実現したモデルです。
Via : “チェキ”史上初!ハイブリッドインスタントカメラ「instax SQUARE SQ10(インスタックス スクエア エスキューテン)」新発売 – SankeiBiz(サンケイビズ)

対応フィルムサイズは86×72mm、プリント画面サイズは62×62mm。プリント出力時間 は約12秒。本体サイズは119(幅)×127(高さ)×47(奥行)mm、重量は450g(フィルムパック、バッテリーを含む)。 直販価格は31,860円。
Via : 価格.com – 富士フイルム、チェキ初のデジタルイメージセンサー搭載モデル「SQ10」

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ
楽天トラベル

One thought on “富士フイルム “チェキスクエア” instax SQUARE SQ10 を発表「あなたのクリエイティビティを解放する」

コメントを残す