スポンサードリンク

X-TransIIIセンサー4K動画を搭載した富士フイルム X-T20発表!予約開始!実売価格は?

Pocket
LINEで送る

これまでの情報通り、X-T20も本日発表されました。
何と、約2,430万画素X-Trans™ CMOS III が搭載され、連写も14コマ/秒、更に4K動画も搭載され、マイク入力端子も備える等、X-T2並の画質と性能を備えるカメラとなり、もはやエントリモデルとは言えない内容となっているようです。

プレスリリース

独自の色再現技術で卓越した写真画質を実現した「Xシリーズ」の最新モデルとして、高い機動性と優れた操作性を発揮する小型軽量ボディに、2430万画素のAPS-Cサイズ「X-Trans™ CMOS III」(*1)センサーと高速画像処理エンジン「X-Processor Pro」を搭載したミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T20」(以下、「X-T20」)を、平成29年2月下旬より発売します。
Via : 高い機動性と優れた操作性を発揮するボディデザインに、独自開発2430万画素センサーを搭載 ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T20」新発売 : ニュースリリース | 富士フイルム

FUJIFILM X-T20
FUJIFILM X-T20

製品情報ページ

  • 約2,430万画素X-Trans™ CMOS III sensor
  • X-Processor Pro
  • 測光方式 TTL256分割測光
  • シャッター
    • 電磁制御式縦走りフォーカルプレーンシャッター
    • メカニカルシャッター 4秒~1/4000秒
    • 電子シャッター 4秒~1/32000秒
  • 連写 約14.0コマ/秒(電子シャッター設定時)
  • ファインダー
    • 0.39型有機ELファインダー 約236万ドット
  • 液晶モニター
    • 3.0型 3:2アスペクト 約104万ドット
    • 静電式タッチパネル式TFTカラー液晶モニター
  • 動画 4K 3840×2160 29.97p
  • Wi-Fi搭載
  • 寸法(幅)118.4mm×(高さ)82.8mm×(奥行き)41.4mm (奥行き最薄部 31.9mm)
  • 撮影時質量 約383g(付属バッテリー、メモリーカード含む)
  • 本体質量 約333g(バッテリー、メモリーカード含まず)

公式サンプルイメージ

プロモーションビデオ

実売価格

カメラショップは10万1千円強で予約受け付け中です。

レンズキットは13.5万円強

デビューキャンペーン

先着3000名にメタルハンドグリップMHG-XT10がもらえるキャンペーンが実施されるということです

アクセサリー

X-T10と共通らしく既に販売されています

各メディアの記事

本製品は、2015年6月に発売した「FUJIFILM X-T10」の後継機モデル。手に馴染むグリップ形状とボディデザインを踏襲しつつ、天面にはシャッタースピードダイヤル、ドライブダイヤル、露出補正ダイヤルを配置。ドライブダイヤルに「動画」ポジションを追加したことで、瞬時に静止画撮影から動画撮影モードへの切り替えが可能となった。
Via : 富士フイルム、小型軽量ミラーレスカメラ「X-T20」 – デジカメ Watch

動画はフルHDに加え、4K(3,840×2,160)/30p/100Mbpsまでの撮影も可能。連続撮影は最大10分まで。HDMI出力も可能で、「HDMIレックコントロール」をONにすると、カメラのレリーズボタンを切るだけで、自動的にアイコン表示などが無いクリーンなHDMI出力ができ、外部モニタ/レコーダなどと連携できる。「Xシリーズ」の特長である「フィルムシミュレーション」を活かした多彩な色調の動画撮影も可能。外部マイク入力も備えている。
Via : 富士フイルム、4K/30p対応で「動画ポジション」を追加したXマウントミラーレス「X-T20」 – AV Watch

富士フイルムは1月19日、京都においてカメライベント「FUJIKINA 2017 京都」を開幕。国内、海外の報道陣向けカンファレンスにおいて、ミラーレス「X-T20」と、コンパクト「X100F」を発表した。合わせて、2016年9月にドイツのケルンで開催された「Photokina」で開発発表していた、中判ミラーレス「GFX」も正式に発表。
Via : 【速報】富士フイルム、ミラーレス「X-T20」やコンパクト「X100F」発表 | マイナビニュース

X-T20は、2015年6月に発売された「X-T10」の後継機種だ。APS-Cサイズのイメージセンサーは2,430万画素の「X-Trans CMOS III」となり、画像処理エンジンには「X-Processor Pro」を採用。像面位相差AFエリアを拡大しつつ、AFアルゴリズムも見直したことで、最速0.06秒の高速AF、ライブビュー撮影時5.0コマ/秒の高速連写、起動時間0.4秒、シャッタータイムラグ0.050秒、撮影間隔0.25秒のレスポンスを実現した。また、AF測距点を91点 (最大325点) に拡大したほか、ISO12800を通常感度として使用できる。
Via : 富士フイルム「X-T20」、AFスピードと精度を強化 | マイナビニュース

富士フイルムは1月19日、ミラーレスデジカメ「Xシリーズ」の最新モデルとして新開発2430万画素センサーを搭載した「FUJIFILM X-T20」を発表。2月下旬に発売する。
Via : 富士フイルム、独自開発センサーを搭載したミラーレス機「X-T20」 – 週刊アスキー

本体サイズは118.4(幅)×82.8(高さ)×31.9~41.4(奥行)mm。重量は約383g(付属バッテリー、メモリーカード含む)。ボディカラーは、シルバーとブラックの2色を用意する。 直販価格は112,860円。
Via : 価格.com – 富士フイルム、新AFや2430万画素を採用したミラーレス一眼「X-T20」

今回のキャンペーンは、Webエントリーを実施のうえ、「FUJIFILM X-T20」のボディ単体またはレンズキットを購入した先着3000名を対象に、専用メタルハンドグリップ「MHG-XT10」を贈呈するというもの。
Via : 価格.com – 16,000円相当のハンドグリップを贈呈、「X-T20」購入キャンペーンが開始

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

One thought on “X-TransIIIセンサー4K動画を搭載した富士フイルム X-T20発表!予約開始!実売価格は?

コメントを残す