スポンサードリンク

シグマ sd Quattro H 使って2日 (今日はメリークリスマス)

Pocket
LINEで送る

発売日に12月20日にsd Quattro Hと24-35 F2 Artレンズが到着し、23日の金曜日休日から使っています。

この2日間sd Quattro Hで撮った写真を、こちらのブログにアップしています。
まずはメリークリスマス!

この2日でアップした記事。

まだ、鎌倉の大仏が残っています;;^^)ので後日アップします。

2日目の感想を書きたいのですが、それを書くのがとても難しいカメラです。

しかしあえていうなら1枚1枚じっくり撮るのであれば、この価格でこれほどの満足感が得られるカメラとレンズは他には無いのではと思います。

勿論、AFや連写の高速性能を求める方にとってはまったく異なる評価になるかもしれませんが、少なくともこのカメラを買う人はそれらを十分理解して購入される筈ですので、買って期待外れということは無いでしょう。

ということで、もう少し使ってカメラをもう少し理解した上で感想を書かせて頂ければと思います。

しかし、1つこのカメラを購入される方におススメしたいのは是非高速のメディアも一緒に購入して頂きたいということがあります。

私が購入したのは
レキサーのSDXC 64GB USI-I U3 633倍速です。

You Dmaniaxxさん(@dmaniaxcom)が投稿した写真

sd QuattroHのX3Fファイルが約65MB〜85MBくらいですのでまぁJPEGを加えると1ショットで100MBくらいでしょうか?
500枚以上撮れれば私的には十分ですし、バッテリー撮影枚数も200〜250枚程度だとすると、まずは64GBがちょうど良いのではと思います。

でこのカード、何と言っても安いということ。
国内正規品でもアマゾンで本日時点3340円で購入出来るのです。

ただ、この上位の1000倍速のカードでも4000円くらいで購入出来ますので、こちらもお薦めですね。

何故レキサーにしたのかというのは、こちらの記事で気になっていたからでもあります(^^;

ちなみに、ちょっと前のCLASS10カードをsd QHに入れて撮影したところ、撮影した後砂時計がしばらく表示されることになり、明らかに次の撮影インターバルが長くなります。

You Dmaniaxxさん(@dmaniaxcom)が投稿した写真

Lexarの633倍でも撮影直後に一瞬砂時計が出るのですがすぐに次が撮影出来るようになります。
但し、バッファーからの書き込みはすぐに完了しませんのでプレイバックには数秒待つ必要がありますし、連写をするとやはり待つことになります。
よってsd Quattro Hを購入される方は是非最新の最高速メディアも準備しておいてくださいね!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す