スポンサードリンク

富士フイルム X70 を購入すべき5つの理由 (Mattias Burling)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

写真家、レビューワーでありLeicaユーザーであるMattias Burling氏がX70のレビュービデオ「5 Reasons to Buy a Fujifilm X70」を公開しています。

理由1:サイズ

  • X100Tと同じAPS-Cセンサーを搭載しながらも、より小型のパッケージを実現している。
  • 薄手のサマージャケットの胸ポケットにすっぽりと収まる。
  • ただ、そのグリップは私の手には小さすぎる。実際に1度落下させてしまった。
  • バッテリードアにも(容易に開いてしまう)手に焼いている。
  • 速射ケースを購入した。
    • 保護用
    • よりスタイリッシュなる。
    • サイズをそれほど増やすこと無くより良いグリップを追加することが出来る。
    • バッテリードアもプロテクト出来る。

理由2:レンズ

  • シャープで高画質
  • 換算28mmの焦点距離はどこでも使えるので、M6と共にいつも持ち歩いている。
  • 但し、18mm F2.8のレンズは被写界深度が深く、やはり近接でなければボケは得られない。
  • 一方。クリーミーでクリアなボケ味が素晴らしい。
  • レンズ周りのフォーカスリングも自分としては使えると思っている。

理由3:可動液晶/タッチシャッター/AF

  • EVFやOVFを搭載していないが、可動液晶を有しているのが素晴らしい。
  • 多くの人にとってもタッチフォーカスとタッチ撮影機能はスナップショットをする時に便利だろう。
  • 様々な条件で、AFはクイックであり、焦点距離と被写界深度がブルーのバーで表示されるのも便利。

理由4:カメラ内現像

  • 私のブログではDNGによるLightroomモバイルでの編集を行っていることを書いているが、残念ならがFUJIFILMはDNGを出力することを行なっていない、
  • しかしX70はカメラ内RAW現像機能を持ち、素晴らしいハイライト/シャドー調整やフィルムシミュレーションを持っている。
  • Wi-Fi経由でJPEGをスマートフォンに送り、Lightroomモバイルで最終調整を行いそれを公開している。
  • DNGのダイレクト編集よりは少々劣るがそれでも十分に使えると考えている。

理由5:素晴らしい画質

  • とても、とても、良い。
  • 少々シャープ過ぎることもあるが、シャープネスをOFFにすることでとてもクリーンでオーガニックなイメージが出て来る。
  • フィルムシミュレーションもとても面白い。
  • ポケッタブルなカメラとしては素晴らしいダイナミックレンジを持つ。
  • 1600万画素であるが、Web用としては十分である。

確かに、完全にポケットに入りAFも高速なX70はスナップ用としては最高のカメラだと思います。

私もGRユーザーですが、X70はとても気になるカメラです。

Mattias Burling氏は、以下の記事も公開しています。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

2 thoughts on “富士フイルム X70 を購入すべき5つの理由 (Mattias Burling)

  • 2016年12月24日 at 12:20 PM
    Permalink

    購入すべきと進められても、在庫がなくなって来ているのがざんねんです。

    Reply
    • 2016年12月31日 at 10:33 AM
      Permalink

      コメントありがとうございます。
      X-Trans CMOS III の新型が出て欲しいですね。

      Reply

コメントを残す