スポンサードリンク

DPreviewが選ぶ2016年レンズ交換式カメラベストバイ$1200-2000ドル(その1:APS-C以下)部門

Pocket
LINEで送る

DPreview年末恒例のベストバイ記事。レンズ交換式カメラのベストバイ$1200-2000ドル(その1:APS-C以下)部門も発表しています。

前回はレンズ交換式カメラ500〜900ドル部門でしたが、その上級機としてより高価で高性能、高スピードのモデルが集結しています。またこのクラスにもミラーレスカメラも確実に浸透しています。
そして各メーカーのフラッグシップ機、またはそれに準じるカメラとして持てる技術を全力で投入している機種ばかりということもあり選出が難しそうです。

For those wanting to step up from entry-level and midrange ILCs, there are many things to consider, including the choice between a DSLR or mirrorless camera, what sensor size suits you best, how important video is to you, and of course the lens system.
Via : 2016 Roundup: $1200-2000 ILCs part 1 – Crop-Sensor: Digital Photography Review

エントリされているカメラとその評価

Canon EOS 7D Mark II

Canon EOS 7D Mark II
Canon EOS 7D Mark II

優れている点

  • 動画時のAFが正確で疑いようの無い性能
  • 低照度での画質が素晴らしい
  • 10コマ/秒の連写性能
  • フリッカーレス撮影機能

物足りない点

  • Wi-Fiが内蔵されていない
  • ライバルと比較してダイナミックレンジがやや足りない
  • スポット測光がAFポイントと連動しない
  • iTRによる動体追従が使えるシーンが限定される

まとめ

  • 待ち望んでいたEOS 7D mark IIは、高性能のAF、動画、作りの良さ、全てが先代モデルから進化していた。

 

Fujifilm X-Pro2

Fujifilm X-Pro2
Fujifilm X-Pro2

優れている点

  • クラシックな操作系
  • 美しいJPEGの描写
  • 高速レートのイメージセンサー
  • 物足りない点

AF性能がレンズ側に大きく依存すること

  • がっかりさせるコンティニュアスAF
  • 動画の設定が限られている

まとめ

これまでのAPS-Cでベストのイメージセンサー、魅力的な外観、美しいJPEGイメージ出力、等は我々のお気に入りの1台である。

 

Fujifilm X-T2

Fujifilm X-T2
Fujifilm X-T2

優れている点

  • 素晴らしい画質
  • とても印象的なAFシステム
  • 多くのダイレクトコントロール
  • 高解像度の4K動画撮影する為の妥当な機能

気に入らない点

  • AF性能がレンズ側に依存する
  • グリップ無しでは、バッテリー性能が低い
  • 4K動画撮影で10分の制限があること
  • EVFにラグがあるので、動体追従時が難しい

まとめ

  • これまでのFUJIFILMで最も有能かつオールラウンダーなカメラ

 

Leica T (Typ 701)

Leica T (Typ 701)
Leica T (Typ 701)

優れている点

  • 美しいデザイン
  • タッチスクリーンによる良好な操作感
  • ISOレンジ全般で素晴らしい画質

気に入らない点

  • EVFが内蔵されていない
  • 動体追従AFの能力が限られている
  • RAWのダイナミックレンジが狭い
  • スタートアップが遅い
  • 純正レンズがの選択が限られており暗いレンズとなる

まとめ

  • ディテールの表現と高感度性能等、RAWでの画質は抜きん出ている

 

Nikon D500

Nikon D500
Nikon D500
  • 優れている点
  • 素晴らしいRAWでの画質
  • 10コマ/秒においてもクラス随一のAF、動体追従性能を誇る
  • 敬服すべき4K動画画質
  • 一眼レフカメラ世界初の自動AF微調節

気に入らない点

  • 4K動画撮影時のクロップによってレンズの選択が限られること
  • SnapBridgeは進化が必要
  • 平凡な動画コントロールとAF性能

まとめ

  • セミプロ向けデジタル一眼レフカメラを下げしている人にとって、D500は市場でベストのカメラである。

 

Olympus OM-D E-M1 Mark II

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

優れている点

  • 先進的なAFシステム
  • 超高速の連写
  • ボディ内手ブレ補正
  • 4K (UHD/Cinema) 動画撮影

気に入らない点

  • 価格
  • 操作性が過大過ぎる

まとめ

  • OLYMPUSのフラッグシップカメラを確立した、おそらくこれまでに経験したことのないオールラウンド対応のミラーレスカメラになる。

 

Olympus PEN-F

Olympus PEN-F
Olympus PEN-F

優れている点

  • JPEGとRAW共に素晴らしい画質
  • 多数のコントロールを持つゴージャスなデザイン
  • 効果的な5軸手ブレ補正
  • 可動タッチスクリーンと高解像度のEVF

気に入らない点

  • 動体の撮影においてAFシステムが迷う、特に連写時にそうなる
  • ユーザーにっとっては過大な操作系

まとめ

  • クラシックなスタイリングを持つが中身は最新かつ素晴らしい機能を持つカメラ。

 

Panasonic Lumix DMC-GH4

Panasonic LUMIX DMC-GH4
Panasonic LUMIX DMC-GH4

優れている点

  • すばらしい画質
  • 素晴らしい動画機能と画質
  • 堅牢な構造のマグネシウム合金ボディ
  • タッチLCD

気に入らない点

  • やっかいなWi-Fiの設定
  • フォーカスポイントを示すにはあまりにも残念なフォーカスピーキング機能
  • コンティニュアスAFと動体追従はベストでは必ずしも無い

まとめ

  • ビデオ/スチルのハイブリッドカメラとしてほぼパーフェクトなバランスを持つということを知らしめた。

 

Sony α6500

Sony α6500
Sony α6500

優れいてる点

  • JPEG及びRAW両方共に素晴らしい画質
  • トップクラスのAFシステム
  • 素晴らしい色再現性を持つ4K動画
  • 5軸手ブレ補正

気に入らない点

  • タイムラグが大きく反応が悪いタッチスクリーン
  • ボディ内RAW現像機能が無い
  • トップ部のダイアルが1つしか無い

まとめ

  • 高速連写、大容量のバッファサイズ等、アクションフォトグラフィーにとって魅力的で機能的な選択である。

 

ベストバイの結果発表

総合ベスト:Fujifilm X-T2

FUJIFILM X-T2
FUJIFILM X-T2
  • 他にも魅力的なカメラが存在するクラスの中でこのカメラを選択した。
  • 素晴らしいJPEG画質、美しいデザイン、良く考えられたコントロールシステム等愛すべき先代モデルから多くのものを引き継ぎ、それら全てを出来る限り高めている
  • AFはとても有能であるがそれはFUJIFILMの高速AF対応レンズでしかフルパフォーマンスを得ることは出来ない。しかし幅広いタイプの被写体に対応出来る非常に優れたシステムでもある。
  • 動画は期待を超えて良く、かつこれまでで最もディテール表現に優れる4K撮影が出来る。加えてトップ品質の結果として出力出来る様々な機能も有している。
  • もしあなたが一眼レフカメラのような光学ファインダーやより長いバッテリーライフを好むのであれば、現時点でD500が最も考慮すべき存在であるがニコンとの価格の違いは大きい。
  • OLYMPUSの超高速なE-M1 IIも同じようなタイプのカメラではあるが、その価格にせいでスペシャリストの為の道具となっている。

 

スポーツ撮影でのベストの選択  Nikon D500

Nikon D500
Nikon D500
  • 素晴らしいコントロール、信頼感のある作り、素晴らしい画質、クイックな撮影、突出したAF等によって優れたオールラウンダーなカメラに仕上がっている。ただこのカメラにおいて動画機能は唯一最高では無い。
  • このカメラは高価であるので予算に上限を設けるのであれば、どちらかと言えばより安価なD7200の方がお薦めである。
  • 10コマ/秒の連写や最高のAFが必要となる、プロ/アマチュアスポーツ、走り回る子供、ウェディング等の撮影を必要とする方にとって購入する価値があるカメラであり、それでも少し高価とも言えるが、クロップ判D5とも言えるこのカメラの価値は直ぐに理解出来るだろう。

これら2機種の選択には異論がありませんが、OM-D E-M1 IIの手ぶれ補正や、価格がこなれているEOS 7D Mark IIやGH4や脅威のAF性能を持つα6500も気になります。。。。確かに選ぶのに迷うクラスですね!
 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す