スポンサードリンク

田中希美男先生の富士フイルムX70とリコーGR II比較記事「似たもの同士」

Pocket
LINEで送る

写真家である田中希美男先生の先生のブログPhoto of the DayにFUJIFILM X70とRICOH GRの興味深い比較記事が掲載されています。

GR/GR IIのユーザーやそれに魅力を感じている人は、たぶん、このX70には興味を示さないに違いないと思われるからだ。ユーザーターゲットがだいぶ違うような感じがする。
Via : Photo of the Day X70とGR II、似たもの同士

GR/GR II

  • 強烈な個性、クセや臭いがある
  • プラスポイント
    • レンズ描写性能が優れている、解像力描写が良い
    • レンズバリアが便利
  • マイナスポイント
    • 撮影スタンバイまで少し時間がかかる
    • AFに少しもたつき感とウォブリングも目立つ
    • マクロモードに切り替える必要がある
    • 連写スピードが4コマ秒
    • FullHD 30p
    • 液晶モニターが固定式でタッチ操作不可

X70

  • ニュートラルでおだやか、自己主張も感じにくい
  • プラスポイント
    • レンズが沈胴せず即撮影可能
    • 性能や機能については優れた点が多い
    • 高ISO感度はより低ノイズ
    • AFの測距スピードは文句なしに良い
    • マクロモードに切り替える必要が無い
    • 連写スピードが8コマ秒
    • FullHD 60p
    • 液晶モニターがチルト式でタッチパネル
  • マイナスポイント
    • レンズキャップの脱着がややめんどう
    • 高感度でRAWデータ保存出来ない

ということで機能や性能の比較としてはX70の方がプラスポイントが多いのですが、田中先生曰く「どちらかを選ぶとすればGR IIのほうを選んでしまう」ということです。

やはりカメラは機能や性能だけでは比較が出来ないのかもしれませんね。

私個人もGRユーザーですが、X70を触った感想も田中先生と同じようにX70の方が流石に最新のカメラだけあって優れている点が多いと感じました(こちらの記事)。
もし他の方にオススメするとなれば間違い無くX70だと思いますが、個人的にはGRを使い続けると思います。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

COOLPIX A [ブラック]
価格:61300円(税込、送料無料)


関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

One thought on “田中希美男先生の富士フイルムX70とリコーGR II比較記事「似たもの同士」

コメントを残す