スポンサードリンク

ライカM-D Typ 262はM-Aの外観で5月に発表される?(LR)

Pocket
LINEで送る

leicarumorsに、液晶画面を持たないというLeicaの新MデジタルレンジファインダーカメラM-D Typ 262の追加情報が掲載されました。

Some new rumors on the upcoming Leica M-D Typ 262 camera:
Via : New rumors: Leica M-D to be announced in early May, priced above the M Typ 262 model | Leica Rumors

  • 正式発表は5月の初旬と噂されている
  • 欧州での販売価格は 5,940ユーロ (約$6,700)で、M-Dは背面液晶を持たないながらも現行のM(約$5,195)より高価になる
  • Mと同じセンサーとなる
  • Leica M-Aのサイズと外観に準ずる
    • この意味は不明でがるが、M-Dからサイズが縮小され、Leicaのフィルムカメラ並になるのであれば、すばらしい成果であり読者の方も歓迎することになるだろう

Leica M-Aはライカ社のカメラとして原点回帰となる純粋な機械式フィルムカメラですが、M-Dはそのデジタル判ということになるのでしょうか?
それとも限定モデルであり、Mの液晶を取り去った60周年記念モデルLeica M Edition 60のレギュラー版ということになるのでしょうか?

いずれにしても私が買えるカメラではありませんが(^^;、5月がとても楽しみです。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク



関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す