スポンサードリンク

キヤノンが2400万画素フルサイズミラーレスカメラをフォトキナで発表?(CR)

Pocket
LINEで送る

キヤノンのEOS 5D Mark IVは結局秋になるようですが、一方でプロ向けのミラーレスカメラの噂はその後どうなっているのでしょうか?
canonrumorsが予測記事を掲載しています。

Lost in the anticipation of the EOS 5D Mark IV announcement in August, is the likelihood of new EOS M camera(s) in the fall for Photokina. We’ve been told that there will definitely be 2 ILC EOS M cameras announced before the end of 2016.
Via : Some Canon Mirrorless Talk [CR2]

  • EOS 5D Mark IVの発表が8月になってしまったように、新型EOS MカメラもPhotokinaにまでずれ込むようである
  • 過去、2種類のミラーレスEOS Mカメラが2016年末までに現れることは語っていた
    • そのうち1目のカメラは2015年2月に発表されたEOS M3の後継機となる
      • 新カメラはEOS 80Dから新型センサーを引き継ぎ搭載される
    • 2番目のカメラは、キヤノン初のプロシュマー向けミラーレスカメラとしてアナウンスされる筈である
      • 2名のソースが共に新設計の2400万画素フルサイズイメージセンサーが使われることになると語っている
      • このカメラはEFレンズを使用することを前提としてデザインされているが、どのような仕様になるのかは現時点で判らず、おおざっぱな情報である
  • キヤノンの固定レンズのフルサイズカメラについてはこれまで以上のことは聞こえて機内が期待したい
  • 年末迄に3〜5種類のEOS-Mレンズがアナウンスされることが期待出来る
  • 大口径単焦点レンズ及び、300mmは超えない新型ズームレンズが出るだろう
Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

2 thoughts on “キヤノンが2400万画素フルサイズミラーレスカメラをフォトキナで発表?(CR)

  • 2016年4月13日 at 12:50 PM
    Permalink

    >このカメラはEFレンズを使用することを前提としてデザインされているが、
    >どのような仕様になるのかは現時点で判らず、おおざっぱな情報である

    この情報に注目しました。はじめは、EOS-M みたいに地味なスタートになるのではないでしょうか。

    Reply
    • 2016年4月13日 at 7:09 PM
      Permalink

      EOS-Mシリーズは日本国内を中心に発表されてきましたが、もし予測通りPhotokinaで発表されるとすれば海外がターゲットになるのかもしれませんね。

      Reply

コメントを残す