スポンサードリンク

今年のキヤノンEFレンズは何が出る?サプライズレンズは?(CR)

Pocket
LINEで送る

canonrumorsが2016年に出る新レンズに関する情報を収集しているそうですが、それは困難を極めているということです。
その上で現時点で入ってきている情報を公開しています。

We’ve been trying to get more information on lenses coming in 2016 and things are been relatively hard to come by.
Via : Basic Information on Lenses Coming in 2016 [CR2]

  • 直近では非Lの200-600mmレンズの話が出始めている
    • このレンズが出るのは2017年となりそう。
    • 当初のプラン通りであれば、9月のPhotokinaでのアナウンスは無いと予測する。
  • 新Lレンズとして唯一確認しているのは、EF 16-35mm F2.8L II USMの後継レンズ。
    • 今年のいつに発表されるかを待つのみの状態と認識している
  • EF-Sレンズのラインアップも注目すべき1年となる
    • EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM と EF-S 17-55mm F2.8 IS USM がアップデートされ今より安価になるという話もある。
    • しかし現時点で良質のソースには確認出来ていない
  • キヤノンの複数のレンズの後継機が予定されている。
    • そのうちの幾つかは“サプライズ”になるだろうという話も出ているが、現時点でどのレンズなのかは公開出来ない。

昨年は、初のBRエレメントを採用したEF35mm F1.4L II USMと、11mmもの超広角を実現したEF11-24mm F4L USM等がサプライズなレンズだったと思いますが、今年も何かサプライズなレンズは出て来るということなのでしょうか?

まずはEF 16-35mm F2.8L IIIが出てくるようがキヤノユーの方はまた悩ましい買い替えがを検討しなければならないかもしれませんね(^^;
個人的には、F1.4?F1.2?の50mmレンズについても期待したいです。
一方で、ここ最近話題が少なかったEF-Sレンズがより安価にアップデートされるとなれば、これはこれで嬉しいですね!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す