スポンサードリンク

富士フイルム X-Pro2レビュー記事&サンプルイメージ(ITmedia)

Pocket
LINEで送る

ITmediaデジカメプラスにプロフォトグラファー三井公一先生によるX-Pro2レビュー記事とサンプルイメージとしての作例が掲載されています。

世界中のプロに認められたXシリーズにさらに磨きがかかった。虚飾を排して「撮るための道具」として正常進化を遂げた「FUJIFILM X-Pro2」は、久しぶりに欲しいと思ったカメラだ。
Via : プロも認める、Xシリーズ史上最高の描写を実現した「FUJIFILM X-Pro2」 (1/2) – ITmedia デジカメプラス

描写

  • 「グレイン・エフェクト」「ACROS」モードは実に素晴らしく、スムーズで深みのある質感表現
  • ACROSモードをプリント出力したものはリッチで芳醇な描写
  • 精細でメリハリのある描写
  • 発色も富士フイルムらしく深みがあって実にいい
  • フィルムシミュレーションは誰もが美しいと感じる「ツボ」をおさえて、気持ちのいい写真に仕上げてくれる
  • 高感度も強くISO800でもとてもクリーンな描写
  • ホワイトバランスも適切
  • 粘りがあり、湿り気があり、空気感が存在するような印象
  • ミラーレス一眼カメラの中で独特の深みのある写真的描写はこのX-Pro2が一番

フィーリング・レスポンス

  • 官能的なシャッター音
  • 動作もクイックでレスポンスもよい
  • フィルムシミュレーションブラケットも早くなった
  • レスポンスの向上を実現しシャッターを切っているのがとても気持ちいい
  • とっさのシャッターチャンスはもとより、RAWで連写しても処理が高速なのが心強い

使い勝手

  • しっかりと作られたマグネシウム製ボディもほどよいホールド感
  • ボディはマイクロフォーサーズ機に比べるとやや大きいが、縦位置でもホールド感がいい
  • グリップも握りやすく、望遠ズームレンズを装着しても問題なさそう
  • シャッタースピードダイヤルと、絞りリングを繰って、撮影するのがとても楽しい
  • 適切な距離感を保った操作系は実に使いやすい
  • デュアルSDカードスロット採用により、振り分け記録ができるのも○

まとめ

  • XマウントレンズをX-Pro2に装着して撮影するのがとても心地よかった
  • 「撮る」という行為をイメージ通りにスムーズに完了できる、プロのためのカメラ
  • プロ機として全体的なレスポンスが向上したのがうれしい
  • 虚飾を排し撮影者の眼となる「撮るための道具」として正常進化を遂げたフラッグシップ機
  • 機能のための機能、デザインのためのデザインでなく、撮る道具としての誇りを見た
  • 久しぶりに欲しいと思ったカメラ

 

2ページ目には作例が多数掲載されていました。

三井公一先生もプロとして久しぶりに欲しくなったカメラということですが、実売20万円以内でそれを手に入れることが出来るわけですから素晴らしいです。
画質が最高で、価格も他のプロ向けカメラより低めに設定されていますのでアマチュアの方にとっても買って間違い無いカメラということですね。

私も富士フイルムスクエアでX-Pro2試した時、その外観だけで素晴らしさを感じ、触っただけで欲しくなるカメラだと思いました。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す