スポンサードリンク

富士フイルムは今中判カメラを出すちょうど良いポジションにいる(FR)

Pocket
LINEで送る

X-Pro2の発表会において富士フイルムの上野隆マネージャーに対してX-Pro2のインタビューも行われましたが、ジャーナリストが最後に中判フォーマットに関して質問したということです。

One of these was an interview with Fuji Manager Takeshi Ueno at bjp-online. The talk was about the X-Pro2, but at the end the journalist asked about Medium Format and Takeshi Ueno answered:
Via : Fuji Manager T. Ueno: “We are in a Very Good Position to make a Medium Format Camera… but no Plans for now!” | Fuji Rumors

上野マネージャーの回答

  • 我々は今、ミディアムフォーマットカメラのボディ、センサー、レンズを開発するにあたって、とても良いポジションにいる
  • 我々はハッセルブラッド向けのレンズを製造しており、その経験を持っている
  • 現時点で富士フイルムはミディアムフォーマットカメラを立ち上げることは計画していない、しかし、我々はこの領域に関する調査活動とセンサーのテストを行っている
  • 我々は、ミディアムフォーマットにおける素晴らしい歴史を有しており、それを再び成功させることが出来ると考えている
  • 我々は、先進的かつ高品質のカメラを作るための技術も有している
  • しかし、現時点では調査している段階に過ぎない

フジフイルムはかねてからAPS-CサイズのX-Transセンサーは、他社のフルサイズカメラ並みの画質を実現していることを主張していましが、もし。中判サイズのX-Transセンサーが出来た時にはどのようなレベルに達してしまうのでしょうか?

また、ハッセルブラッドは1億画素のソニー製中判センサーのデジタルバックXF100MPを発表しました
もし、中判1億画素のX-Transセンサーが出来たら、、、これはもう想像出来ないくらいの画質になりそうですね!(^^;

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

フジフイルム X-Pro2 ボディ 《2月18日発売予定》

フジフイルム X-Pro2 ボディ 《2月18日発売予定》
価格:193,910円(税込、送料込)

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

4 thoughts on “富士フイルムは今中判カメラを出すちょうど良いポジションにいる(FR)

コメントを残す